August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

初心者向け(ベテランも歓迎)FF14用語集〜ハ行その2〜

※初めての方は企画説明編を先にお読みください。

 

蛮族(ばんぞく)

FF14における人間族(プレイヤーキャラとして選べる種族)以外に存在する知的生物で、

且つ「蛮神を呼んだことのある種族」のこと。

 

アマルジャ族、シルフ族をはじめ多数の蛮族が登場しており、

だいたいが初見だと見た目だけでは「お世辞にも可愛い」とは言えない種族も多いが、

プレイを続けていくことで愛着が沸いてきて可愛く感じてくる(個人の主観です)。

 

どの蛮族も人間と共存しようとする部族と、テンパード化して人間と敵対する部族の2種類以上がいる。

 

蛮族デイリーというクエストがあり、その蛮族との友好を深めることも可能。

新生時代は戦闘職向けが4種類、ギャザクラ向けが1種類であったが、

蒼天、紅蓮時代はいずれもストーリー中に戦った蛮神に関わる戦闘職向けが2種類、

それ以外のギャザクラ向けが1種類という構成となっている。

「蛮神を呼んだことのある種族」という定義から外れているものもあるので、

蛮族とは一体何なのかわからなくなってきてはいる。

 

 

ピュアヒーラー

高い回復力で大きなダメージをリカバーすることができるヒーラーのこと。

主に白魔道士、ダイアーナルセクトの占星術士が該当する。

 

カウンターやバリアヒーラーの項目で既に大方解説している気がするので詳細はそちらを読んで欲しい。

 

 

ヒラ

ここまでにも何度も登場したヒーラーの略称。

タンクと合わせて「タンヒラ」や「ヒラタン」と呼ぶこともある。

 

 

ブーケ

侵攻編1層で登場した「ブライケットブーケ」という敵の特殊な技のこと。

邂逅編やそれまでの極蛮神にはなかった「動いたらダメ」というギミックの先駆けである。

その為、各種動いてはいけない系ギミックを「ブーケ」と呼称するプレイヤーは多い。

先述の「チャリオット」と似たようなものである。

 

各種「動いたらダメ」ギミックについてはこちらでまとめてあるので、暇な時にでもどうぞ。

 

 

フェーズ

主に極蛮神や零式等の高難易度コンテンツで使われる戦闘の段階のこと。

段階に応じて「第1フェーズ(第1P)」、「フェーズ3(P3)」、「最終フェーズ(最終P)」等と表記される。

ギミック名をそのまま使ってフェーズを表現することもあり、

侵攻編4層であれば「ゴーレムフェーズ」「天地フェーズ」「龍神フェーズ」と呼ばれたりしていた。

 

何を基準にしてフェーズの区切りとするかは割と曖昧であり、

攻略サイトやロドスト日記によってバラバラだったりもする。

最終的には(というか早い段階で)大手の攻略サイトの基準や表記が採用されることが多い。

 

最近だとRFの表記から履行技前後で前半、後半に分けて募集が立つことが増えた為、

攻略サイトでも前半、後半という記載しかしていなかったりする。

 

PT募集の説明欄にもギミックの処理法と共に記載されることが多い為、

近しい進捗の者同士で練習することを可能となっている。

「見学PT」>「前半練習PT」>「後半練習PT」>「クリア目的PT」>「周回or消化PT」と

PT募集にも段階(フェーズ)があったりするのが面白いところである。

 

また、FF14には「フェーズ詐欺」という用語もあり、今でも零式攻略時期には問題視される。

それこそ上述した侵攻編4層であれば「龍神練習PT」に行くと「天地フェーズ」の練習をすることになり、

「天地練習PT」に行くと「ゴーレムフェーズ」の練習をさせられるというのが多発していた。

その為、他プレイヤーの「フェーズ詐欺」を見越して「1つ先のフェーズの練習PT」

に参加するプレイヤーも現れ出し、新たな「フェーズ詐欺」を生み出す結果となってしまい、

悲しいループが起きていたなんて話もある。

 

 

不足ボーナス(ふそくぼーなす)

各種コンテンツルーレット(ルレ)を不足ロールで参加した際に貰えるボーナスのこと。

基本的にギルと経験値が通常より多く手に入る。

 

また、ルレの種類によっては一定のレベル以上で申請することで、

さらに貴重なボーナスが貰えるものもある為、3ロールをいつでも出せるようにしておけば、

不足ボーナスを満遍なく受け取ることが可能となる。

 

ただ不足ボーナスは(新ジョブ追加で大きく変わることもあるが)大半が「タンク」対象のことが多く、

「DPS」がボーナスになることは非常に少ない。

 

注意点として不足ボーナスはあくまで「規定人数未満」で申請した際のみ貰うことができる為、

4人PT対象のコンテンツルーレットにフレンド4人で行った場合は不足ボーナスは貰えない。

即シャキ且つ不足ボーナスがほぼ確定で貰えるタンクにとってはあまりお得ではないのも事実である。

なので、フレンドとルレを申請する場合は規定人数未満での申請をすると喜ぶプレイヤーもいるだろう。

(これは「フレンドと遊ぶのに損得で考えたくない」という考え方を否定するものではない)

 

 

フリロ

「フリーロット」の略で、希望品指定等をせず自由にロットしてもいいというロットルールのこと。

周回や消化のPT募集の説明欄に記載されていることが多い。

 

「フリロ」でも参加ジョブの装備はNEEDが可能なのだが、

完全なるフリーロットを実現する為に「グリ限フリロ」で募集しているPTもたまにある。

 

蒼天時代までは「グリパ」のが圧倒的に多かったが、紅蓮時代からは「フリロ」のが増えてきた気がする。

 

 

ヘイト

FF14の公式単語だと「敵視」のこと。

大半のプレイヤーが「ヘイト」と呼んでいるので、それに倣って解説する。

しかし、詳細に解説をするとなると、かなり長くなるので簡単にさらっと解説しようと思う。

 

1、基本的に敵はヘイトが最上位のプレイヤーをターゲットするようになっている。

2、ヘイトはプレイヤーのあらゆる行動(攻撃やバフ、ヒール)で溜まる。

3、タンクはヘイト最上位を維持する様に行動し、DPSやヒラはヘイトを抑える必要がある。

(漆黒のヴィランズではヘイトを抑えるスキルがなくなり、若干ながらヘイトシステムは簡略化されたとも言える)

4、「挑発」や「シャーク」を利用することでヘイトを操作してタンクは「スイッチ」を行う。

 

こんなところである。

まだまだ書くべきことはたくさんあるが、上述の通り割愛します。

 

pagetop