July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

初心者向け(ベテランも歓迎)FF14用語集〜タ行その2〜

※初めての方は企画説明編を先にお読みください。

 

データログ

紅蓮時代のオメガ零式の各層クリア時に自動取得されるアイテムのこと。

規定数を集めることで零式装備と交換することが可能となる。

 

蒼天時代のアレキサンダー零式では断章(だんしょう)というアイテムが取得されていたこともあって、

データログを断章と呼ぶプレイヤーも多かった。

というかアルファ編の頃のPT募集でも「断章目的」といった記載がある程、浸透し続けていた。

 

各編実装時は取得に週制限がかかっており、次編実装と共に解除されるのが伝統だったが、

紅蓮時代からは次編実装前に週制限が解除されるようになった。

 

何故断章という項目を作らずデータログという項目をここに差し込んだかと言えば、

素直に忘れていたからである。

だから、この事実も読者の皆さんは忘れてくれるとありがたい。

 

 

トークン

FF14におけるギル以外の通貨のこと。

主にアラガントームストーン各種が該当する。

他にもクラフタースクリップ、ギャザラースクリップ(青貨、赤貨、黄貨、白貨)、

モブハン報酬である記章等があるが、単にトークンと呼んだ場合はアラガントームストーンを指し示すことが多い。

 

装備やアイテムと交換することができ、週制限のあるトークンを「上位トークン」、

週制限のないトークンを「下位トークン」と呼ぶ。

だいたい半年に1度(2回のメジャーパッチ)で新たなものに更新される。

 

アラガントームストーンについてはこちらの記事

詳しく解説しているので、是非参照して頂きたい。

※漆黒のヴィランズで追加された魔典以降についてはいずれ追記予定

 

 

トーテム

トークンと間違われがちだが、似たような使い方(装備等と交換)をするアイテムのこと。

基本的に極蛮神クリア時に貰えるアイテムを「トーテム」と呼ぶ。

 

断章同様に蒼天時代から実装されたシステムで、周回していればいつか欲しい装備が手に入る救済措置である。

 

クリア時に自動取得される為、断章やデータログとシステムは似ているが、

こちらは週制限がない(絶2種のトーテムは週制限が過去にあった)。

 

 

塔(とう)

「線」や「玉」程ではないが頻出するギミックのこと。

といっても線や玉のように複数の意味を持つものではなく、

ギミック処理方法は「爆発が起こるまで踏んでおくこと」で統一されている為わかりやすい。

 

初出は覚えていないが、多分真成編4層だったような……?(誰か教えて)

 

 

時計回り(とけいまわり)

時計の針と同じように右回りすること。

散開位置と同様で、ギミック処理で使われる用語であり、

時計回りなのか反時計回りなのか事前に打ち合わせすることが多い。

 

ちなみに右回りという言い方をすると、キャラクターの背中にカメラを向けた場合、

左に向かうことになるので混乱する人もいるらしい。

 

 

登山(とざん)

都市やフィールドに存在する高所にジャンプやスプリントを駆使して登ること。

かつてはその登山技術が高まり過ぎた結果、エリア外に行けるような不具合があったが、

現在は全て封鎖されている模様。

 

探検手帳達成には登山技術を用いる必要があるものも多い為、

アクションが苦手な人にとっては辛い要素ではある。

 

 

トレース

上手な人の「スキル回し」や早期攻略勢の零式等の高難易度コンテンツのギミック処理をそのまま真似すること。

真似と言い方をしているが決して悪いことではない、というより推奨される行為である。

 

むしろトレースできないぐらい高度な動きをしているプレイヤーもいる為、

トレースできるということはそれだけ自分も上手になっている証拠とも言える。

 

 

ドレッサー

ミラプリ勢の最強の味方「ミラージュドレッサー」のこと。

実装当初は使い方が浸透しておらず、「まだ使ったことない」

「よくわからない」という人も多かったが、現在では割と活用されている様子。

 

ミラプリを頻繁にする人なら、ミラージュプレート(全身を一括でミラプリ)を使わずとも、

とにかくミラージュプリズムを使って、ドレッサーに装備を突っ込むのを推奨する。

一度でもドレッサーに入ればミラージュプリズムを消費せずにミラプリが可能となるからである。

 

また愛蔵品キャビネットに収納できる装備に関しては、

ドレッサーに入れなくともミラージュプレートにセットすることができる為、大変便利である。

 

注意点としては製作装備の場合、銘が消えてしまうことである。

もしフレンドから貰ったプレゼント等で銘を消したくない場合はドレッサーへ入れるのは避けよう。

 

 

ドロップ

敵を倒したり、宝箱を開けることでアイテムが手に入ること。

 

ノーマルレイドのパーツ等の交換アイテムがドロップする様になってからは、

装備そのものがドロップすることを直ドロと表現することもある。

と言っても大半が直ドロである。

pagetop