July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

コトタさんの教えて!初心者麻雀講座 第4回

なた「さーて最終回です」

コトタ「前回までの内容で、それなりに麻雀の話題に

    付いていけるようになった気がします」

なた「それは良かった!

   是非最終回の今回を読んでから、第1回から読み直してください。

   言葉を知ってるだけで理解度も断然違うと思うので」

コトタ「ですねー!」

なた「まあ順番に読むだけで理解できる構成にしてない私の落ち度なんですがね……」

コトタ「冒頭から悲しい話をしないでください……」

なた「では本編いっちゃいましょーーー!!!」

コトタ「情緒不安定ですか!?!?」

 

なた「第1回から?何度も登場してきた"役"の解説です」

コトタ「アガる為には4面子1雀頭で役がないとダメなんですものね」

なた「ですです。

   つまり役を覚えないと麻雀はできません。

   ですが逆に言えば、役を覚えればとりあえず麻雀はできる、

   とも言えるのです」

コトタ「これまで覚えないといけないって言った要素結構あったような……」

なた「あっ……。

   もちろんそれらも重要ですが、

   ゲームの麻雀は大半が自動的に処理してくれるので、

   意外とどうにでもなったりするんです……」

コトタ「なるほど……」

なた「で、立直は1飜と前回の最後で話しましたが、他の役も飜数が決まっています。

   例えば"アガリ"の項目で話した嶺上開花や槍槓も1飜の役扱いです。

   しかし鳴くことで飜数が下がる役(食い下がり)なんてのもあります。

   それに加えて門前じゃないとできない役or鳴いてもできる役

   という手牌の状況によって役が成立するかも左右されるのも大事なポイントです」

コトタ「これまでも話してた内容のまとめですね!」

なた「ええ。

   さて役はローカルなモノも含めて40種類以上あります。

   全部を覚えるのがベストではありますが、

   いきなり全部を覚えるのは難しいのと、

   "そもそもそんな役でなかなかアガれねぇよ!"ってのもあるので、

   基本的な役だけでも覚えるってのがいいでしょう」

コトタ「ふむふむ」

なた「というわけで、とりあえず覚えておくといい基本的な役だけ紹介します。

   嶺上開花と槍槓はもう説明済みみたいなものなので割愛してます。

   それ以外もググったらすぐに一覧が出てくるので、そっちを見てください!」

コトタ「この企画すぐにググらせてますけど、

    ググったら記事を読む必要性がなくなるのでは……」

なた「シーッ」

 

立直(リーチ) 1飜 門前のみ

なた「門前状態で聴牌を宣言する役で、

   詳しくは前回話してますので割愛します」

コトタ「聴牌の形は何でもいいんでしたね」

なた「ですね!」

コトタ「嶺上開花や槍槓みたいに項目作らなくても良かったんじゃ……?」

なた「次のとセットみたいなのもあるので一応……」

コトタ「ほう……?」

 

一発(イッパツ) 1飜 門前のみ

なた「これ特殊な役でしてね」

コトタ「あー、立直一発!ってのはセットで聞くことが多いですね」

なた「ですです。

   つまり立直が前提になってる役なんです」

コトタ「ほほう」

なた「1、立直をしている

   2、立直してから自分の次のツモまでにアガる

   3、アガるまでに誰も鳴いていない

   これらの条件を満たしていないとできないのです」

コトタ「運ゲーなんですね」

なた「その通り。

   ちなみにFF14の麻雀のルール設定で"二飜縛り"ができる場合、

   一発はドラと同様に"単体では役にはならない"ので、

   立直一発だけではアガれなくなります。

   通常は"一飜縛り(役がないとアガれない理由)"なので、

   あまり気にしないでいいです」

コトタ「はーい」

 

門前清自摸和(メンゼンチンツモホウ) 1飜 門前のみ

なた「通称メンゼンツモです。

   この役と立直があるので"鳴くな!門前にこだわれ!"って言われるのです」

コトタ「そのまま門前でツモってアガるだけです?」

なた「ですです。

   当然ではありますが、門前でもロンでアガった場合はこの役は付きません」

コトタ「門前ロンみたいな役は?」

なた「ないですね。

   ツモこそ正義なのです!!!!」

コトタ「なるほど……?」

 

役牌(ヤクハイ) 1飜 鳴き可

なた「さて初心者が1番アガり易い役がこれです」

コトタ「絶対覚えないとダメですね!」

なた「その役牌には3種類ありまして、

   場風牌(バカゼハイ)

   自風牌(ジカゼハイ)

   三元牌(サンゲンパイ)

   です」

コトタ「最後の三元牌はわかります。

    そのまま白発中のどれかが3枚あればいいんですよね?」

なた「その通り。

   槓子であれば4枚でもいいですけどね。

   で、問題は場風と自風ですが、これは第1回の"試合の流れ"の

   内容を覚えていればわかります」

コトタ「あっ!

    場風は東場なら東、南場なら南が3枚(槓子なら4枚)あればいいんですね!」

なた「ですです。

   自風は自分が東家(親)なら東、南家なら南、西家なら西、北家なら北が

   3枚(槓子なら4枚)あれば役として成立するってわけです」

コトタ「おー!

    南家とか北家にも意味があったんですねぇ」

なた「さらにダブ東(トン)やダブ南(ナン)ってのもありましてね。

   例えば東場の東家が東を3枚揃えると場風と自風どちらの条件も満たすので、

   合計2飜になるってわけです」

コトタ「2倍お得ってことですね!」

 

平和(ピンフ) 1飜 門前のみ

なた「麻雀覚えたての中学生が漢字のテストで

   平和を"ピンフ"と書いたってネタが、インターネットができる前の時代からあったと思いますが、

   中学生の漢字テストでそもそも平和って出るのかなって疑問があります」

コトタ「そんな余談は置いといて役の説明を……」

なた「ああ、でしたね。

   "最初に覚えるべきは平和だ"って言われる程でして、

   役満を除けば最もメジャーな役でしょう」

コトタ「えーと画像を見る限り特筆するとこがない気が……。

    普通の聴牌では?」

なた「平和の条件は以下となります。

   1、順子が4つ

   2、雀頭は役牌以外(画像の場合は西家以外ならOKということ)

   3、チーをしていない

   4、両面待ち」

コトタ「わーお、結構条件を満たすのが大変そうでした」

なた「でしょう。

   で、合わせて次の役も見てください」

 

断么九(タンヤオ) 1飜 門前のみor鳴き可

なた「例の如くアタマを見やすいように右に置いています。

   ツモって来たのが右端のローソーです」

コトタ「ふむ……?

    さっきのアタマだった西が消えましたね」

なた「ええ、タンヤオは么九牌(ヤオチューパイ)を使わないアガリのことでしてね。

   平和同様に最初に覚えるべき役の1つに挙げられます」

コトタ「么九牌?」

なた「么九牌は1と9の数牌と字牌を指します。

   そのことから一九字牌(イチキュージハイ)と呼ぶ人も多いですね。

   私もそう言いますし」

コトタ「つまり数牌の2〜8のみで面子とアタマを揃えた役がタンヤオ?」

なた「その通り。

   で、麻雀の基本は"メンタンピン"とも言われるのですが、

   メンは立直、タンはタンヤオ、ピンは平和のことなんです」

コトタ「2〜8だけを使った平和を立直してからアガれってことでしょうか」

なた「です!!

   最初の内は難しいですが、是非メンタンピンでアガるのを目指してみましょう!」

コトタ「頑張ってみます!」

なた「うんうん。

   あ、余談か大事な話か微妙なとこですが、タンヤオにはクイタンって要素もあってですね」

コトタ「クイタン?」

なた「鳴いた状態でのタンヤオをクイタンって言うんです。

   クイタン有り無しはゲームの麻雀だとルール設定で決めれたりするのですが、

   FF14の麻雀ではどうなるか実装前の現時点では不明です」

コトタ「だから門前のみor鳴き可と上に書いてるんですね」

なた「そういうことです」

 

一盃口 1飜 門前のみ

なた「どんな役かわかりますか?」

コトタ「萬子が334455になってるのが特徴的でしょうか」

なた「門前のみって部分以外だと条件はそこだけですね。

   つまり同じ種類の順子を2つ揃えればそれだけで役になります」

コトタ「これもやりやすそうですね!」

なた「門前必須というのもあって、狙おうとすると全然ツモれず、

   狙ってない時に気付いたらできてるタイプの役だと思います(個人の感想)」

コトタ「なるほど……」

 

海底(ハイテイ)ツモ/河底(ホウテイ)ロン 1飜 鳴き可

なた「これは2つまとめて紹介します」

コトタ「名称的に特殊なアガリ方って印象です」

なた「まあ特殊と言えば特殊ですね。

   海底ツモは山の最後の1枚をツモアガリした時の役で、

   河底ロンは最後の打牌でロンアガリした時の役なんです」

コトタ「特殊過ぎた……」

なた「もうこれは偶然でしか付かない役なのであえて覚える必要はないです。

   経験者さんの"うわー!ハイテイかよ!"みたいな会話についていけるように

   一応説明しておきました」

 

一気通貫(イッキツウカン) 2飜 鳴き可 食い下がり1飜

なた「通称イッツーです」

コトタ「これは見たままですね。

    1〜9を同じ種類の数牌で揃える役ですね!」

なた「もうそのままですね。

   それ以外は特に制限もないのですが、

   鳴いた場合は2飜ではなく1飜になります。

   性質上タンヤオも付かないので、鳴かないと揃えられないぐらいなら、

   イッツー狙いは悪手な気もします」

コトタ「他の役ともセットで使いにくそうですものね」

なた「ですね。

   門前でやるべき役でしょう」

 

三色同順(サンショクドウジュン) 2飜 鳴き可 食い下がり1飜

なた「もうこの辺りになると見たまんまって役も増えてきてますが、

   どんな役かわかりますか?」

コトタ「えーと同じ数字の順子が3種類ってことでしょうかね。

    画像のケースだと色の違う789が3つ」

なた「イエース!

   これは平和やタンヤオともセットにできるのもあって(画像のケースだとどっちも無理だが)、

   メンタンピンに続く4つ目の狙いたい役と言えます」

コトタ「ほほー!」

なた「で、この流れで次の役も見てみましょう」

 

三色同刻(サンショクドウコー) 2飜 鳴き可

なた「例の如く見やすくする為に通常の並び順から並び替えてはいます」

コトタ「こっちは同じ数字の刻子が3種類ですね」

なた「ええ、そういう役です。

   ちなみに上の三色同順と違って鳴いても食い下がりがないのですが……」

コトタ「ですが……?」

なた「これでアガるのはほとんど無理です。

   鳴いても良いのでポンしながら目指すことになるでしょうけど、

   2種類ポンした時点でバレますので、まず振り込む人はいないです。

   つまりツモでアガるぐらいしか可能性がない役なんです」

コトタ「見た目だけなら簡単そうな雰囲気なんですけどね……?」

なた「確かに、私もそう思ってる時期がありました。

   で、目指したとしても、だいたい次に紹介する役になってることが多いのです」

 

対々和(トイトイホウ) 2飜 鳴き可

なた「みんな大好きトイトイです。

   これは鳴きのデメリットを理解した上で、

   初心者から中級者になり始めた頃から目指す役です」

コトタ「刻子が4つの役ですね」

なた「上で紹介した三色同刻を目指すのって配牌時点で

   同刻になる対子が複数あるはずなんです。

   ただ相手に気付かれて"三色は無理だなぁ"ってなると

   別の対子をポンするしかないので、それで出来るのがこれです。

   そもそも三色同刻を目指す人が少ないので、このケースも稀なんですが」

コトタ「ふむ……。

    これは(クイタン有りなら)タンヤオもセットにしやすそうですね」

なた「ですね!

   さて実は三色同刻と違ってトイトイを目指す前に狙う率が高い役がありましてね」

コトタ「ほう?」

なた「それが次です」

 

七対子(チートイツ) 2飜 門前のみ

なた「みんな大好きチートイです」

コトタ「4面子1雀頭の前提はどこに行ったんです!?」

なた「よく気付きました。

   その基本形じゃなくてもアガれる役は2種類あるのですが、その片方です」

コトタ「ほええ……」

なた「もう名称そのまま対子が7つあったら完成なんです。

   絶対に単騎待ちになるのもあって、なかなか難しい役なんですが、

   配牌時点で対子が4つ以上あると"これいけるんじゃね?"って思っちゃうんです」

コトタ「結果全然ツモれなくてトイトイにシフト?」

なた「そういうことです。

   チートイは門前のみの役なので、トイトイにシフトするなら早めの判断が必要です。

   刻子になってない対子まみれで聴牌もできずに終わる可能性が高いので」

コトタ「あー」

なた「ちなみに槓子してない4枚を2つの対子に使えるかどうかは

   ルールによって違う為、これもFF14では実装してからの確認になると思います。

   恐らく使えないと思いますが」

コトタ「ふむふむ。

    あ、これって一盃口とはセットにできます?」

なた「ああ、できないですね。

   七対子だけが適用されます。

   あくまで一盃口は順子が2つ、七対子は対子が7つですので」

コトタ「なるほど」

なた「この企画では紹介しませんが3飜役に二盃口ってのがあるんですが」

コトタ「一盃口が2つ……?」

なた「ですです。

   そっちと七対子もセットにはなりません。

   飜数の高い二盃口だけが適用されます」

コトタ「複雑になってきたーーー!」

 

混全帯幺九(ホンチャンタイヤオチュー) 2飜 鳴き可 食い下がり1飜

なた「通称チャンタです。

   正式名称はググって初めて知りました。

   字面は見たことありますが、読み方は全然知らなくて」

コトタ「んーっと、タンヤオの逆?」

なた「正解ー!

   全部に一九字牌が絡んでる役なんです。

   で、この役には2つ進化系がありましてね」

コトタ「ほほう?」

なた「3飜役の純全帯么九(ジュンチャンタイヤオチュー)、

   同じく3飜役の混老頭(ホンロウトー)です」

コトタ「二盃口同様に紹介はしない役達ってことでしょうか」

なた「ですね。

   簡単に言うとジュンチャンはチャンタから字牌を消したらできる役です。

   混老頭は一九字牌だけで構成されるトイトイorチートイですね」

コトタ「ってことは混老頭は最低でも5(2+3)飜役になる?」

なた「えっと混老頭自体が食い下がり2飜とするルールがあるので

   最低4(2+2)飜役になるらしいです(ググった)」

コトタ「ほえー」

なた「まあいずれもタンヤオより難しいので、

   "チャンタをしろ!"みたいな配牌じゃない限りは狙う必要はないです。

   何より成功したとしてもチャンタだけなら2飜ですから……」

 

混一色(ホンイーソー) 3飜 鳴き可 食い下がり2飜

なた「ホンイツって言う人が多いと思います」

コトタ「えーっと?」

なた「染め手という種類の役なのですが、

   要するに1種類の数牌と字牌だけで4面子1雀頭が揃えれば完成します」

コトタ「刻子だけです?」

なた「あ、画像は全部刻子で構成してますが、同じ種類の数牌なら順子でもOKです。

   ちなみに画像のケースだとトイトイがセットになりますね」

コトタ「おー!

    トイトイする上でポンしちゃいそうですが、

    それでも最低4(2+2)飜役になるなら狙っていきたいですね!!」

なた「私はいつも狙って失敗してますがね!!!!!」

コトタ「あらら……」

 

清一色(チンイーソー) 6飜 鳴き可 食い下がり5飜

なた「続いてこちらはチンイツと呼ばれます」

コトタ「これも染め手ですね」

なた「はい。

   簡単に言えばホンイツの字牌を消したバージョンです。

   つまり染め手の完全体ってことです」

コトタ「完全体……!!」

なた「役満を除けば最高の飜数の役ですからね。

   ホンイツ同様画像は刻子だけで構成していますが、順子でも可です」

コトタ「狙えるなら狙いたい?」

なた「もちろんです。

   ただ染め手っていうのはホンイツもそうですが、

   河を見れば"ああ、こいつ染め手狙ってるな"って一瞬でバレちゃうんです。

   それと染めたい色以外の牌を捨てるしかないので放銃する可能性が非常に高くなる」

コトタ「諸刃の剣ですね……」

なた「ですね。

   染め手が難しそうな場合の逃げ道となる役も用意しつつ、

   打牌していくのが良いでしょう。

   というか運が絡んでくるのでチャンタ同様"染めろよ!"

   って感じの配牌じゃない限りは染めやすそうでも

   せめてホンイツぐらいで抑えるべきかと」

コトタ「はーい」

 

大三元(ダイサンゲン) 役満 鳴き可

なた「ここからは麻雀の花である役満です。

   と言っても比較的初心者でも狙いやすい3種類しか紹介しませんが」

コトタ「役満は飜数だといくつなんです?」

なた「点数計算には符と飜という要素がありますが、

   役満でアガった場合は完全無視されて固定された点数が貰えます。

   それはこの後の"点数"の項目で話しますが」

コトタ「役満はそれだけ凄いんですねぇ……。

    えっと大三元は三元牌を3つとも刻子か槓子で揃えた役でしょうか」

なた「ですです。

   これは役満の中でもかなり狙いやすいのですが、当然バレやすいです」

コトタ「何故です?」

なた「三元牌はそれだけで役牌ですから手放す人も少ないですし、

   手放してくれたとして1度目のポンはできても、

   2度目と3度目が非常に難しくなります」

コトタ「あー、それもそうですね……」

なた「で、この大三元にはしょぼいバージョンがありまして」

コトタ「進化ではなく退化ですか」

なた「ええ。

   2飜役の小三元(ショウサンゲン)って言うのですが、

   三元牌のいずれかをアタマとして、残り2つが刻子か槓子になっていればできます」

コトタ「もう少しで大三元なのに2飜まで下がっちゃうんですか……」

なた「いえ、一応役牌2つが絶対セットになってくるので、小三元は4(2+2)飜役と見て良いでしょう」

コトタ「なるほど。

    麻雀をやるなら役満を狙ってみたいですし、

    まずは大三元を目指してみたいと思います!」

なた「頑張ってみてください……(遠い目)」

 

四暗刻(スーアンコー) 役満 門前のみ

なた「こちらも比較的狙いやすい役満です。

   どの牌でも良いので暗刻を4つ揃えれば完成します」

コトタ「ポンをしないで完成させるトイトイ?」

なた「ですね。

   トイトイの究極完全体と言えるでしょう」

コトタ「完全体を超えた!?」

なた「ちなみにトイトイの説明に使ってる画像はジェネレーターの都合上

   暗刻が4つ揃ってる様に見えますが、1度でも鳴いてる前提だと思ってください」

コトタ「1度でも鳴けばトイトイ、鳴かなければ四暗刻ってことですね」

なた「そういうことです。

   ちなみに刻子で構成される役ですので、待ち方がシャボ待ちor単騎待ちだけです。

   それに関して注意点があります」

コトタ「注意点?」

なた「シャボ待ちの場合、ツモアガリじゃないと四暗刻にならないんです」

コトタ「えっ」

なた「ロンアガリだと4つ目の刻子が暗刻ではなく明刻(ミンコー)扱いになるので、

   三暗刻(サンアンコー)とトイトイのセット、つまり4(2+2)飜役になっちゃうんです」

コトタ「んーーー?

    明刻はポンしてできた刻子ってことでは?」

なた「ですね。

   しかしシャボ待ちをロン上がりすると最後に揃った刻子が明刻扱いになるのは

   通常のルールなのです」

コトタ「ええ……」

なた「"鳴き"の時に説明すべきかとも思いましたが、ここまで残してました。

   で、もう1つの単騎待ち(アタマだけ待ってる状態)は注意点は特にないです。

   こっちの場合はツモでもロンでも役満です」

コトタ「暗刻は4つとも完成してますものね」

なた「ですです。

   代わりに揃えるのがシャボ待ちより難しいのもあって、

   四暗刻単騎待ちはダブル役満とするルールもあったりします。

   ローカルルールだったり、ゲームやネット麻雀でも採用してたり、

   正式ルールではないのは間違いないですが、FF14ではどうなるかは不明です」

コトタ「ダブル役満!?」

なた「役満の2倍の点数が貰えます」

コトタ「ほええ……!!

    まだ点数がどれくらいかわかってませんが、

    一発で試合展開が動いちゃうレベルなんじゃ!?」

なた「むしろ一発で試合が終わっちゃいますね。

   ちなみにダブル役満は四暗刻単騎待ちみたいな特殊な例だけでなく、

   役満と役満がセットになった場合でもOKです。

   それこそ四暗刻と大三元がセットになればダブル役満です」

コトタ「夢が広がりますね!!」

なた「ただ実はダブル役満自体もローカルルールの類ではありますので、

   採用される可能性は高いですが、本来の通常ルールなら役満が最高点数

   ってのは覚えておいてくださいね」

コトタ「はーい」

 

国士無双(コクシムソウ) 役満 門前のみ

なた「だいたい省略してコクシって言う人が多いです。

   ちなみに国士無双は今並行して連載してる"教えて!項羽と劉邦"で

   登場する中国史上最高の名将である韓信が由来です」

コトタ「まだ登場してませんよね」

なた「登場するのはまだまだ先ですね……。

   で、これもチートイと同じで4面子1雀頭をガン無視して作る役です」

コトタ「一九字牌を全種1枚ずつ揃えるってことですか」

なた「ええ。

   それとアタマがあれば完成ですね。

   上の画像の場合は13種類のどれかが来れば完成するので、

   国士無双13面待ちと呼ばれる形です」

コトタ「チートイと同じで特殊な待ちの1つですね」

なた「で、国士無双にはもう1つの待ち方がありまして」

コトタ「ん?」

なた「それが特殊な待ちの最後の1つです。

   えっと文字で説明が難しいので画像で示しましょうか」

コトタ「えーと、この画像だと中待ちってことでしょうか」

なた「そういうことです。

   既にアタマが出来上がっている状態でコクシが聴牌してる状態の待ちです。

   これも当然4面子1雀頭ガン無視なので特殊な待ちってわけです」

コトタ「なるほど」

なた「ちなみにコクシの13面待ちをダブル役満とするルールもあったりします。

   これもローカルルールなのでFF14で採用されるかは不明ですが」

コトタ「実装が待ち遠しくなりますね!」

なた「ですねー!

   それと国士無双の話をするに当たって覚えておくと良いことがあります」

コトタ「また退化した別の役があるんです?」

なた「いえ、役ではなく流局できるルールがありまして」

コトタ「???」

なた「九種九牌は流局できるんです」

コトタ「????????????」

なた「配牌されてから最初のツモまでの時点で

   一九字牌のいずれか9種類が手牌にあることを九種九牌と呼びます」

コトタ「画像を!!!」

なた「はーい」

なた「まず配牌時点で一九字牌は

   イーワン、キューピン、イーソー、東、南、西、北、白の8種類でした。

   この時点では九種九牌ではありません」

コトタ「でも右端のツモがキューソーだから?」

なた「そう、それで九種九牌が成立するので流局ができるのです。

   ちなみに自分のツモ番が来る前に誰かが鳴くと九種九牌でも流局にできません。

   で、このケースで流れた場合の親がどうなるかはルールがそれぞれあるので、

   どのルールが採用されるかは実装を待ちましょう」

コトタ「今回何度も見たパターンですね……。

    あれ?でも何で九種九牌だと流局できるんです?」

なた「単純にアガる難易度が高すぎるからですね。

   コクシを狙ってそのまま続ける人もいますがね」

コトタ「ああ、確かに九種九牌からならコクシ狙いがしやすそう!」

なた「ですです。

   だから国士無双の説明に付随させたわけです」

コトタ「なるほど!!」

 

なた「とりあえず覚えるべき役はこれくらいです。

   人によっては"いやこれ覚えなくていいだろ"だとか

   "こっちを覚えるべきでは?"って役もあるとは思いますが、

   個人的な見解なので許してください!」

コトタ「いずれにせよ、まずはメンタンピンですかね」

なた「そうです!!

   色んな役を紹介してきましたが、結局はそこが大事です。

   初心者の内はなかなか手が読めなくてアガるのもやっと、

   アガれても立直のみなんてことは多々あると思いますが、

   諦めずに"鳴かない!メンタンピン!"を頑張ってくださいね!」

 

点数

なた「この企画最後の項目です」

コトタ「役満以外は符と飜数で点数が決まるってのは何となくわかりました」

なた「まあややこしい符については全く触れませんでしたけどね。

   何故触れないかというと点数を自分達で計算する必要がないからです」

コトタ「現実の麻雀なら必要な知識も、ネット麻雀や

    FF14の麻雀なら不要ってことですね」

なた「ええ。

   "麻雀 点数計算表"とググって貰えれば数字が大量に並んだ表が出てくると思います。

   それをさすがにここに載せることはできません」

コトタ「そうですよね」

なた「でもだいたい"このアガリなら点数はどれくらいだな"

   ってのは覚えていた方がいいです。

   それこそゲームの勝利条件は点数が1番多いってことですので」

コトタ「1位を抜かす為にどんな役を目指さないといけないのか、

    ってのがわかってないといけませんものね」

なた「その通り。

   というわけで符計算だけ取っ払って飜数だけで

   判断できる点数計算表がこちらです。

   親でアガった場合と子でアガった場合で分けてます」

飜数 点数(親) 点数(子)
1 1500〜 1000〜
2 2000〜 1300〜
3 3900〜 2600〜
4 7700〜 5200〜
5(満貫) 12000 8000
6〜7(跳満) 18000 12000
8〜10(倍満) 24000 16000
11〜12(三倍満) 36000 24000
13〜(役満) 48000 32000

コトタ「何で4飜までは点数が1500〜とかなんです?

    幅があるんですか?」

なた「そこは符が関わる部分です。

   符計算については需要があればいずれ幻の第5回でやるかもです。

   5飜以上からは固定の点数になるのでわかりやすいかと」

コトタ「ああ、満貫とか跳満ってのは聞いたことがありますが、

    こういう時に使う言葉なんですね!」

なた「ですです。

   つまり表を見てわかる通り役満は四倍満ってわけです」

コトタ「なるほど。

    あれ?この点数ってツモの場合どうなるんです?」

なた「良い所に目を付けましたね!

   ロンの場合はそのまま振り込んだ人が点数を支払いますが、

   ツモの場合は3人で割る必要があります。

   で、以前話したように親は子の2倍払わないといけません」

コトタ「でしたね」

なた「親がツモアガリした場合はそのまま子3人が1/3ずつ支払います。

   子がツモアガリした場合は親が1/2、子2人が1/4ずつ支払うのです」

コトタ「じゃあ役満で子がツモアガリしたなら、

    親が16000、子が8000ずつ支払う?」

なた「大正解!!!

   アガリ方で点数の移動も変わるので、それも踏まえて、

   局ごとにあと何飜の役でどうアガれば1位になれるか、

   ってのをオーラスまで考えながらやるゲームが麻雀なのです」

コトタ「わぁ……、

    数字が得意な人じゃないと大変そうだぁ……」

なた「何度も言いますが初心者の内はそこまで考えなくても大丈夫です。

   まずは麻雀を楽しむってことを最優先しましょう。

   そこから勝つ為の方法を自分なりに模索していくと良いでしょう!」

コトタ「ですね!!

    まあ私は市場を執り仕切ってるので数字は得意ですがね!!」

なた「そうだった……!!」

 

終わりに

コトタ「えっと、これで全項目終わりでしょうか?」

なた「はい!

   第1回から今回までの知識があれば、

   最低限麻雀で遊ぶことはできると思います」

コトタ「やったー!!

    FF14で麻雀を初めてやるって人がフレンドとより一層楽しむ為にも

    是非この企画を読んでもらいたいですね!!」

なた「そうですねー。

   "専門用語が多すぎて意味わかんねぇ!"ってなる人も多そうですが、

   FF14のIDや零式と同じで誰でもみんな最初は初見で初心者です!

   興味があるなら負けてもいいのでドンドン対局しちゃいましょう!!」

コトタ「しちゃいましょう!!」

なた「それではまた別の企画で!!」

 

コトタさんの教えて!初心者麻雀講座・完

pagetop