October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

コトタさんの教えて!三国志 マイナー武将編 第7回 戯志才

基本データ

名前 戯志才※字は不明

生没 ?〜?

出身 豫州潁川郡

正史 本人の伝は無し

親類 著名な者はおらず

 

コトタ「この人は知ってます。

    確か曹操の初代軍師ですよね!」

なた「よくご存知で」

コトタ「マイナーだけども名前だけはそれなりに知られてる的な感じでしょうか」

なた「まさにそれですね。

   ただ記録がなさすぎて、どんな人物かもわからないのもあり、

   名前だけが先行しているのでしょう」

コトタ「どんなことをしてた人なんです?」

なた「まあ軍師って言う通りなのですが、戦略担当ですね。

   曹操が戦略方針を決定する際に戯志才と相談していたってことです」

コトタ「ほほう」

なた「"荀が推挙した"や"曹操に見所があると評価された"と記述がある為……」

コトタ「記録は少ないのに、わかりやすく凄い人っていつものアレですね」

なた「ですね。

   記録が少ない理由は早世してしまったからでしょう。

   その後、後任となったのは同じく荀に推挙された郭嘉でした」

コトタ「つまり戯志才が生きていれば郭嘉は曹操軍にいなかった?」

なた「可能性はありますね。

   荀は先に戯志才を推挙したわけですし」

コトタ「ほええ……。

    でも郭嘉も早世してますが、戯志才よりは記録多いですよね」

なた「郭嘉は従軍してるのもあるからでしょうかね。

   郭嘉が初めてした仕事が呂布との戦いですし。

   それ以前の戦略決定の一部は戯志才の功績だったと考えても良いかと。

   また戦術や計略ってのは戦闘の記録と共に残りますが、

   君主や軍師らによる"どういう戦略方針で今後やっていこう?"なんてのはほとんど残ってないんです」

コトタ「戯志才はそれの担当ですものね」

なた「ええ。

   では本日はここまで」

コトタ「次回の教えて!三国志をお楽しみに!」

pagetop