August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

り屋【FF14画像制作請負屋】のりっふぃちゃんを取材してみた!

さてコトタBlogのメインコンテンツ?インタビュー記事です!

今回はなんと6月にこちらの記事で紹介したポスターの制作主、

"り屋"のりっふぃちゃんを取材してみました!

 

素敵なポスターを多数手がけてるりっふぃちゃんに、

ポスター制作の裏側等を語ってもらいたいと思います!!

 

"り屋"及びりっふぃちゃんについては以下をご覧ください!

り屋HP→http://riya-bbb.strikingly.com

り屋Twitter→https://twitter.com/FF1476105455

りっふぃちゃんTwitter→https://twitter.com/rifisun0109

 

なた「それでは本日はよろしくお願いします!」

りっふぃ「よろしくお願いします!」

なた「まずは表紙用画像でも撮ろうかな……。

   でも曇ってますね、もうすぐET8時で天気変わりますが」

りっふぃ「雨になる可能性もありますね!」

なた「ひぃ」

※無事晴れとなり撮影できたのが表紙画像です

 

何故ポスター制作をしようと思った?

         「あれ……なんでだ……」

なた「それでは早速最初の質問いきますね!」

りっふぃ「はい!」

なた「"り屋"と言えばポスター制作。

   えーと【FF14画像制作請負屋】でしたね」

りっふぃ「いえす!」

なた「何故ポスター制作をしようと思ったのでしょう?」

りっふぃ「……」

なた「……」

りっふぃ「改めて言われるとなんか難しいなwww」

なた「確かにwww

   "何故○○を始めたか"は毎回インタビューで最初に聞くことが多いのですが、

   ぱっと答える人と"あれ……なんでだ……"って悩む人がいますねww」

りっふぃ「"あれ……なんでだ……"の人間だったww」

なた「wwwww」

りっふぃ「そうですねー……。

     今の職場でチラシやポスターを見ることが凄く多いんですよ」

なた「ほうほう」

りっふぃ「あ、前の職場もだった」

なた「ポスターに囲まれた人生だった、と」

りっふぃ「そこで、とあるポスターに凄く感動したことがあって、

     自分もこんなポスター作りてー!って思ったのがキッカケですね」

なた「やっぱりそういうの影響されますよね。

   自分でもやってみたい!ってなるのわかります」

りっふぃ「前の職場がゲームショップなんですが、

     ゲームのポスターってすっごく凝ってるでしょ?」

なた「1枚だけでどんなゲームかわかってもらわないといけませんからね」

りっふぃ「そうそう。

     FF14のめっちゃでっかいポスター見たときに感動しましたね。

     チョコボ乗って駆けてるやつだっけかな?」

なた「わかるかもー」

りっふぃ「なんか冒険行こうぜ!みたいな!」

 

※多分これだと思います

 

なた「なたちゃんもFF14はポスターというか雑誌か何かの1枚の絵を見て

   "楽しそう!"って始めた記憶があります」

りっふぃ「ロゴだとかもすごい凝ってますよねー。

     以前のゲームショップは手書きのタイトルロゴを描いてたんですよ」

なた「レタリングとかも得意なんですね!」

りっふぃ「ちゃんと似せて描いたんですよポスカで」

なた「大変そうだ……」

りっふぃ「余談ですけどねww」

なた「手書きでもポスターではないとは言え、

   その頃から文字やら絵で何かを表現するってことをしてたんですね!」

りっふぃ(うまく繋げやがった……!)

なた(ガッツポーズ)

りっふぃ「そうですねー!

     元々漫画を小学校から描いてたので、絵で表現ってこともしてましたね」

なた「自由帳が友達!ってやつですね」

りっふぃ「うんうん」

なた「なたちゃんも何冊も描いてましたww」

りっふぃ「黒歴史の詰まった自由帳……」

なた「絶対に世に出せない黒歴史……」

りっふぃ「あるある」

なた「あるある」

りっふぃ「まあ漫画とポスターはまた別モノなんですけどねww」

なた「そもそも漫画や絵を描くのが好きで、

   年を重ねて文明も発達していき、画像加工の世界へ、と」

りっふぃ「ですね」

なた「ペンタブ使って絵描いたりするんです?」

りっふぃ「もちろん!」

なた「描いてるところと画面がどうしても連動しなくてうまく描けないです……。

   マウスのがうまく描ける可能性まであります……」

りっふぃ「SSの加工とかはペンタブ使ってますね!

     うちのは液晶タブレットなのでずれることないですねww」

なた「液タブ!」

りっふぃ「液タブ!」

なた「やっぱりPhotoshopですか?」

りっふぃ「PhotoshopやSAIを使ってますねー」

なた「本格的だー!

   とあるポスターに感銘を受けて、過去の経験から自分でもやりたくなり、

   それでFF14で活動することになったんですねぇ」

りっふぃ「いえーす!!」

 

"り屋"という名称の由来は?「長いと覚えないから」

なた「じゃあ次の質問で」

りっふぃ「へい」

なた「"り屋"って名前はとっても覚えやすいというか、印象深いですよね。

   こう"どーん"と目に入ってくるというか、

   コトタBlogでもリンクさせて頂いてますが、名前の短さで目立ってますww」

りっふぃ「そう言ってもらえるとありがたいですw」

なた「由来は一体なんなんでしょう?

   りっふぃちゃんだから"り屋"なんでしょうけど……」

りっふぃ「私……店の名前覚えるの苦手なんですよね」

なた「そ う い う こ と だ っ た の か」

りっふぃ「多分、自分の店の名前でも、長かったら絶対覚えないと思うんですよ。

     ていうか覚えません」

なた「覚えることを最初から放棄するんですねwww」

りっふぃ「以前の自分のサイト名ですら覚えなくて……」

なた「それは……」

りっふぃ「あれ……なんだっけ?ってなることが多かったせいで、

     結局短いサイト名になっていくんですよww」

なた「コトタBlogは短くてよかった!!!」

りっふぃ「コトタBlogは覚えやすいですねwwww」

なた「でも一応最初は長い名前をつけちゃってたんですね」

りっふぃ「めっちゃ長かったですww

     えーっと……なんか"まる"とか"ぽよ"とか付いてた気がします」

なた「ほんわかしたサイトだなってのはわかります」

りっふぃ「内容は殺伐としてました」

なた「サイト名詐欺!?」

りっふぃ「テヘッ」

なた「ペロッ」

りっふぃ「ギャップがいいですね、って言われましたよ」

なた「ギャップ大事ですね」

りっふぃ「というわけで……」

なた「究極の短さを誇ってしまった、と」

りっふぃ「です。

     "自分の名前の頭文字なら忘れねーだろwwwww"って気持ちでこうなりました。

     悪気はありません……」

なた「わかりやすくて良いと思います!

   でも次のサイト名は"り"になってそうですね……?」

りっふぃ「"R"になるかも知れませんね……」

なた「それ今言おうとしてました!

   "り"は"Ri"だからもっと短く"R"だけになるんじゃってww」

りっふぃ「打つの面倒wwwって言ってそうですね、その頃の私w」

なた「諦めないで!!!」

りっふぃ「究極探さなくても手が覚えてる"あ"になるかもしれませんね」

なた「わかりやすーい(いいのかそれで)」

りっふぃ「個人的にはいいと思います!」

なた「いつか数字の"1"とか"0"になって、"遂にここまでになったか……"ってなりそうですね?」

りっふぃ「www」

なた「"り屋"の由来がよくわかりましたw」

りっふぃ「最後は"スペース"だけですね」

なた「しかも半角」

りっふぃ「あるある」

 

ポスター制作をやってて楽しい瞬間は?

     「自分の作ったポスターがたくさんの人に見て貰えた時」

なた「きっかけと由来が聞けましたので、次の質問は読者が一番気になるところです」

りっふぃ「はーい!」

なた「どうやってポスター制作をしているのか、

   やってて楽しいことや大変だなってことを是非教えてください!」

りっふぃ「ラフ絵を先に描きます。すげーラフなやつ」

なた「Appleで依頼したときのが残ってます!」

りっふぃ「あっ……。

     記憶から消してくださいwwwww」

なた「記事に載せますね!!!!!!」

りっふぃ「使っていいけどもwww」

※使いました

 

りっふぃ「ただラフ絵がまったく浮かばないやつがあるんですよね」

なた「ほほー。

   Appleの時はすぐラフ絵が届きましたね!」

りっふぃ「自分で企画したものだとか、メンバー募集とかはぱっと思い浮かぶんです」

なた「逆に自分のだからこそ難しいイメージがあったりしますw」

りっふぃ「好き勝手できますし自分のはチョー楽ですよww」

なた「いろんなイメージを試せますものね!」

りっふぃ「なので、自分が企画していないイベントだとラフ絵がなかなか思い浮かばないのです」

なた「なるほど」

りっふぃ「そういう時はイベンターさんからSSを頂いて、それを見ながらラフ絵を描いていきます!」

なた「SSから着想を得る、と」

りっふぃ「一番やりやすいのは、どんな雰囲気が良いのかハッキリ伝えてくれる方ですね!」

なた「うちが依頼した時は結構細かくイメージ伝えましたねww」

りっふぃ「遠慮なく伝えてくれていいんですけどね!」

なた「ある程度は遠慮してしまうのは仕方がないかとw」

りっふぃ「ですねぇ。

     そしてラフ絵を何通りか完成させて、どんなイメージのポスターを望んでいるか聞いて、

     それのイメージとラフ絵を合わせてイベンターと相談を重ねていきます」

なた「ふむふむ」

りっふぃ「ラフ絵は見せませんがねww」

なた「ラフ絵を見せてもらえたのはある意味ラッキーだったのですねw」

りっふぃ「あれは本当初めてのことだったので……。

     Appleさんが1番目のお客様ですから!」

なた「そうだったんだ!!!

   でもラフ絵が届いた時は"わぁ!プロのお仕事だ!!"って思いました」

りっふぃ「それは今の職場がポスターの注文を行うとこなのでw」

なた「本当にプロだった」

りっふぃ「どんな風に注文者に聞いたらいいのか、ってのを先輩に教えてもらった結果、

     あんな感じになったのです」

なた「お仕事の流れをそのまま使ったのですね!」

りっふぃ「ですねー!

     うちはイベントを取り扱う職場なので、ポスターデザインを発注する側なのですよ」

なた「逆に依頼する側ってことですか?」

りっふぃ「そうそう。

     でも予算がないイベントだと、デザインは自分でしなきゃいけなくなるんですよ」

なた「世の中お金ですしね」

りっふぃ「そんな時にたまたま絵を描いてる私が入社して、

     たまたまIllustratorが使えるからって最近仕事を任せられたりしてますww」

なた「おー!

   好きこそ物の上手なれ!」

りっふぃ「そういうのもあってさらにポスター制作に興味持ったのかもしれませんね!」

なた「素晴らしい、というか素敵」

りっふぃ「おっと脱線し過ぎました。

     えっと……、イベンターさんと話し合って、大まかにイメージが決まったら、

     貰ったSSをIllustratorを使って切り貼りしていきます」

なた「切り取った画像も納品の時に一緒貰いましたね!」

 

※元画像

 

※トリミング後

 

りっふぃ「最近ロゴも一緒に作ってほしいっていう注文が多くて、

     ロゴもそこの段階で考えています」

なた「いくつか候補頂きましたねー!」

 

※この画像から多数決で1番下に決定した

 

りっふぃ「1つだけだと押し付けちゃう感じになるので、複数候補を提案します」

なた「ひゃー!

   1つ作ってもらえるだけでも感謝なのに……」

りっふぃ「いえいえw」

なた「んーと、ラフ絵のイメージを元にロゴや素材の切り貼りをして、

   あとは最後の仕上げってことですかね?」

りっふぃ「ですね!

     一度簡単に切り貼りしたものを見てもらって、

     駄目なとことか、移動してもらいたいとこを確認して最終段階です」

なた「そう言えば完成前に文字の配置変えてもらったりしましたねー」

りっふぃ「あれは自分だけじゃ本当わからないからねww

     まあ最終段階と言っても位置の再確認とSSの加工なんですけど」

なた「それで依頼者がOKを出したら」

りっふぃ「出来上がりーです!」

 

ちなみにAppleのポスターはこんな感じでした!

これが……

 

こうなって……

 

こう!!!!!!!!

 

なた「完成まで何度かやり取りさせて頂きましたが、

   依頼ありきのお仕事だと大変そうですねぇ」

りっふぃ「先程も少し話しましたが、もっと遠慮なく要望を伝えてくれてOKです!!

     ほんとにだいじょうぶ??これでだいじょうぶ??って何度も聞きたくなっちゃうのでw」

なた「不安ですよねwww」

りっふぃ「うんうん」

なた「そんな不安を乗り越えての完成か……」

りっふぃ「フレ同士なら言いやすい、ってのはあるかもですけどねぇ」

なた「ガンガン言ってください!ってのを今回の記事でアピールしちゃいましょう!」

りっふぃ「それでも遠慮してしまうんでしょうけどね!」

なた「お互いにですねw」

りっふぃ「ですですwww」

なた「ここまで作業行程を聞いて、大変なとこは充分わかりましたが、

   楽しいな!って思うところはどこでしょうか」

りっふぃ「やってて楽しいな!ってところは、

     自分の作ったポスターがたくさんの人に見て貰えた時ですかね」

なた「モノつくりする人の喜びってやっぱそこですよね!

   接客業やサービス業は直接お客様から"ありがとう"が頂けますけど、

   製造業とかだと流通して小売でやっとお客様の手元に渡りますから、

   "ありがとう"は伝わってこない。

   でも街中で歩いてると自分の作ったものを手にしているお客様がいる、

   そこで"やったー!"ってなるんですよね」

りっふぃ「ですね!

     私自身が依頼で作った画像を上げることはないんですけど、

     依頼してくれたイベンターさんがアップしてくれて、それをRTして貰って、

     さらに他の人が使ってくれたりすると、

     "うわーーーーーーめっちゃうれしーーーーーー"ってなりますねw」

なた「うんうん」

りっふぃ「もちろんイベンターさんの"ありがとう"も本当に嬉しいです!」

なた「だねー!

   じゃあ制作について一通り聞けましたので、次の質問、

   というか質問としては最後です」

りっふぃ「ハヤーイ!」

なた「なにげにそろそろ2時間経ちますけどね?w」

りっふぃ「雑談多し……」

※カットしてますが半分は余談と雑談で楽しみました

 

これからの"り屋"は?イベンターとしてのりっふぃちゃんは?

      「ネタ画像もいっぱい作っていきたいなーと思ってます!」

なた「では改めまして最後の質問です。

   これからの"り屋”について。

   そしてりっふぃちゃんはユーザイベントを主催するイベンターでもありますので、

   イベンターとしてのりっふぃちゃんについて、展望を教えてください!」

りっふぃ「"り屋"としては相変わらずポスターを作らせてくれる人を誘拐……

     じゃなくて募集し続けていくのはもちろんのこと、

     あとはネタ画像もいっぱい作っていきたいなーと思ってます!」

なた「ネタ画像は楽しいですよねw」

りっふぃ「めっちゃ楽しいwww」

なた「なたちゃんも下手くそ30秒加工みたいなの作ってます!

   身内だけで楽しむぐらいしかできませんがねw」

りっふぃ「それも醍醐味ですよー!

     あとはえっとユーザイベントですね」

なた「ええ」

りっふぃ「やりたいことはいっぱいあるんですけど、既に動き始めてるのがエオルゼア横断クイズ大会です」

なた「タイトル時点で楽しそうですねー!

   そう言えばホラーっぽいのもありませんでした?」

りっふぃ「ああ、怪談ライブですね」

なた「あれはエオルゼア内限定の怪談ですか?」

りっふぃ「いえいえ!リアル体験でも問題無しにしようと思ってます!」

なた「リアル体験談でよければ……、えげつない怖いのありますけどね」

りっふぃ「じゃあなたちゃん参加決定ねwwwwww」

なた「決定してしまった!!!」

りっふぃ「お化け屋敷でも作って、それを体験してもらってからの怪談ライブにしようと思ってたんですが、

     お化け屋敷ってむずそうじゃない??????」

なた「怖がらせるってのが目的だと大変そうですね……。

   似たようなイベントを開催していたのを聞いたことはありますけど」

りっふぃ「うんうん。

     怪談ライブなら横断クイズよりもやりやすそうだから、

     先に開催しそうな感じもするなー」

なた「やるなら是非呼んでください」

りっふぃ「さっき参加決定しましたし」

なた「そうだった!!!!!」

りっふぃ「最近事故物件住みます芸人の方とご一緒に仕事させてもらいまして、

     そこから怪談ライブいいなーってなったんです」

なた「ポスター制作もそうですけど、リアルでの経験をうまく活用してますねw

   どっちのイベントも楽しみです!」

りっふぃ「あとはおいでよタイタン村の」

なた「あ!フレンド登録編ですね!(前回はFCやLSの紹介がメイン)」

りっふぃ「それそれー!」

なた「ワイ……参加できない……」

りっふぃ「ふふw」

なた「ねえ、吉田……。月1000円でもいいから、フレ枠拡張して……?」

りっふぃ「そもそもフレンド登録1日5人までじゃないですか。

     なのでTwitterやInstagramのフォローも含めるようにする予定です」

なた「おー!それならなたちゃんも参加できます!」

りっふぃ「うんうん。

     他にも色々考えてるけど、今やりたいのはこの3つですね!」

なた「横断クイズ、怪談ライブ、おいでよタイタン村フレ登録編ですね。

   その色々考えてるってのも1つでいいので教えてもらえませんか?」

りっふぃ「結構あるんですが……、マクロ劇が個人的にやりたいイベントのひとつですね」

なた「どこかの鯖で物凄いのを見たことがあります!

   マクロ劇に対抗して、"タイピング速度をガチれ!マクロ不可!手打ち劇!!!"ってのをやってみたいですけど」

りっふぃ「それめっちゃ怖いわwwww」

なた「でもどうしてマクロ劇を?」

りっふぃ「私が初めて参加したユーザイベントがマクロ劇でしてね。

     FCメンバーが主役2人として参加するってことだったので、見に行ったんですけど」

なた「ほうほう」

りっふぃ「"すげえ!こんなことできるんだ!!!やってみたい!!!!!!"

     と思ったのが、ユーザイベントそのものを知るきっかけでした」

なた「本当に凄いマクロとかありますものねぇ」

りっふぃ「だから、ユーザイベントを知るきっかけにもなったマクロ劇を自分でやってみるって言うのも夢かなー、と」

なた「いいですね、そういうの!

   いつか実現させましょー」

りっふぃ「ノーマルCPと腐j」

なた「おっと……?」

りっふぃ「 (*ˊ▽ˋ*)? 」

なた「"り屋"とTwitterアカウントを分けた理由……!」

りっふぃ「"り屋"としては語れない部分がたくさんあるからです」

なた「まあそれも含めてりっふぃちゃんだからね!」

りっふぃ「みんな知ってるし!(多分)」

なた「好きなものが好きって言えなきゃ楽しくない!」

 

最後に一言!「これからも"り屋"をよろしくお願いします!!!」

なた「では本日は色々聞かせて頂いてありがとうございました!」

りっふぃ「こちらこそ!」

なた「というわけで最後に何か一言あればお願いします!」

りっふぃ「はい!

     これからも"り屋"をよろしくお願いします!!!」

なた「うんうん」

りっふぃ「みたいな?」

なた「えっ」

りっふぃ「えっ」

なた「宣伝的なものがあればどうぞw」

※事前にそういうお話がありました

りっふぃ「そうか!ここで宣伝か!!!」

なた「ですですwww」

りっふぃ「"り屋"では只今SS撮影に協力してくださる方を募集しております!的な……」

なた「恒常的なタレントって扱いで毎度撮影の度に呼ばれるってわけでなくて、

   SS撮影やってみたい!って人をりっふぃちゃんが把握しておけば、

   やりたいって時に声かけやすくなるってことだね」

りっふぃ「そうそう!毎度毎度じゃないんだよーーー!

     こんなん撮りたいから協力して!?って感じで話した時に来てくれる人を募集してるんですよーーーーー!

     なたちゃんうまいこと書いて!!!(他力本願)」

なた「な屋【FF14文章代筆請負屋】」

りっふぃ「wwww

     "な屋"頼む!!!!」

なた「"な屋"は有料会員登録が必要で、月額18万4000ドルなんです……」

りっふぃ「たけえよ!!!!!wwwwww」

なた「大丈夫!そのままでも伝わるから!!!」

りっふぃ「なたちゃんなら初回無料でやってくれるに違いない……」

なた「初回無料でも、その後定期会員勧誘電話が何回もくるよ」

りっふぃ「それ着信拒否になるやつwww」

なた「というわけで、りっふぃちゃんがSS撮影に協力してくれる方を募集しております!

   また別途りっふぃちゃんのTwitter等でも募集について話があると思いますので、

   是非興味のある方は遠慮せずにりっふぃちゃんに声をかけてあげてください!!」

りっふぃ「いえーす!!!」

 

と、こんな感じで取材は無事終了。

取材というより普段の会話を延長したぐらい気楽な感じで楽しめました。

りっふぃちゃん、長時間ありがとうございます!!

 

実はこの取材の後、とあるネタ画像の撮影を協力させて頂いたのですが、

爽やかな笑顔を撮らせて欲しいと頼まれました。

どんな画像になるのだろう?って今からとっても楽しみです。

 

ユーザイベントの宣伝でポスターを作りたい!

FCやLSのメンバーを募集したい!

ってことなら、是非"り屋"をご活用ください!!!!

記事冒頭や当サイトにもリンクがありますので確認を!!!

 

コトタBlogではエオルゼアを色々な方法で盛り上げている方を応援しています!

もし身近なフレンドさんで"こんな活動してる人がいるよ!"とかがあれば是非紹介してください!

すぐさま取材に駆けつけたいと思います!

pagetop