コトタさんの教えて!三国志 無双武将編 第26回 満寵

基本データ

名前 満寵(伯寧)

生没 ?〜242

出身 兗州山陽郡

正史 26巻 満田牽郭伝

親類 満偉(子)、満長武(孫)、満奮(孫)

 

なた「さて今回は無双8からプレイアブルとなり、

   決して昔からマイナー扱いされるような人物ではなかったのですが、

   メジャーとしてはまだまだ馴染みが薄い満寵です」

コトタ「女性人気が凄そうなイケメンですね」

なた「初期から中後期まで活躍し、文武を兼ね備えた将軍ですし、

   順調に昇進して三公まで上り詰めてます。

   それに悪いエピソードが一切ない」

コトタ「今後の無双シリーズの主人公ポジションを狙える逸材……!」

なた「個人的にはそうだと思います。

   どの能力も平均以上であり、超一流には負けますが決して二流ではない一流な人なんですよね」

コトタ「どうしてそんな人が今までプレイアブルにならなかったんでしょうね」

なた「さあ……何ででしょうね。

   まあ演義だと武将や将軍というより軍師キャラって扱いなのも大きいかもしれません」

コトタ「なるほど。

    そう言えばコトタさんの教えて!三国志 無双武将編 第18回 于禁で、

    仮節鉞について"他に曹操軍や魏軍でそれが与えられたのは曹真、曹爽、満寵ぐらいです"と仰ってましたね」

なた「ええ。

   つまり満寵は于禁同様に親族系以外の将軍では曹操自身から絶大な信頼を得ていたのです」

コトタ「はええ……」

なた「ちなみに満寵は曹操自らが召し出した人材でして、

   たった数年で許の県令になっているんです」

コトタ「許の県令というと……?」

なた「許都、つまり後漢最後の首都ですね」

コトタ「その県令ってつまり?」

なた「現代の日本で言うと東京都知事でしょうか」

コトタ「はええ……」

なた「満寵の人生を物凄く早足で説明すると、

   ド有能な官僚であり政治家だったが、

   各地の将軍の副官や監査をして軍功を重ね、

   一番の防衛拠点(対呉戦線)を任せられることになり、

   何度も守り切った結果、軍政のトップになっていた」

コトタ「何やらせても成功させちゃうスーパーマンなんですね」

なた「ですね!

   というわけで今回はここまでです」

コトタ「次回をお楽しみに!」

コメント