コトタさんの教えて!三国志 無双武将編 第5回 司馬昭

基本データ

名前 司馬昭(子上)

生没 211〜265

出身 司隷河内郡

正史 晋書2巻 帝紀第2 景帝 文帝

親類 司馬懿(父)、張春華(母)、司馬朗(伯父)、司馬孚(叔父)、司馬師(兄)、司馬炎(長男)、司馬攸(三男)

 

コトタ「司馬昭ですね。

    私の好きな元姫ちゃんの夫!」

なた「はい。その通りです。

   司馬懿と張春華の次男であり、後に三国時代を終結させる晋の太祖文帝です」

コトタ「無双だと何でも面倒がる最近の若者みたいなキャラですよね。

    ストーリー終盤になると父や兄がいなくなり立派だけど腹黒キャラ覚醒的な」

なた「無双の他武将と比べても若いのは事実ですしね。

   211年生まれ、つまり曹操だとその頃で60歳手前ぐらいなんですもの」

コトタ「別の時代の人物といっても問題ないですね」

なた「さて司馬昭がどんな人物だったか、というと非常に難しいです」

コトタ「そうなんですか?

    これまでの人物と比べても史書にはたくさん記述があるでしょう?」

なた「その通りではあるのですが……。

   有名な諺からもわかる通り、司馬昭は野心家で簒奪の意思があったってのが通例ですよね」

コトタ「皇帝である曹髦を弑逆したのでしたっけ?」

なた「ええ。

   直接手を下したのは成済という武将ですが、

   その件とその事後処理として一族共々処刑されたことでしか名前が挙ってません。

   指示をしたのは司馬昭の右腕である賈充です」

コトタ「でも賈充は処刑されてませんよね……」

なた「そもそも曹髦は司馬昭だけでなく郭皇太后(先々代皇帝の曹叡の妻)も殺そうとしていた、

   だから曹髦は殺されてもしょうがないのです!とでっちあげ、

   さらに成済が単独で勝手にやったことなので僕ら(司馬昭と賈充)は悪くないでーす!

   と上奏したのです」

コトタ「うわぁ……」

なた「この件で"賈充を処刑して天下に謝ってください!"と重臣の陳泰(陳羣の息子)が

   訴えましたが却下され、その陳泰もその後すぐに病死しているのもあって、

   なんともここら辺きな臭いですよね」

コトタ「謀殺された……?」

なた「そこは可能性としてあるだけで、一般的には陳泰は病死ですので何とも言えません。

   魏氏春秋、漢晋春秋、世説新語等でも陳泰が謀殺されたとは書かれていませんしね。

   ただ賈充の処刑を拒否されて自殺したなんて話はあるので、

   陳泰の死は司馬昭及び賈充が大いに関わってるとは思います」

コトタ「ふむう……。

    何でそんな腹黒いダークな人物が無双では爽やかイケメン主人公っぽい感じなんでしょうか」

なた「腹黒エピソードだけではないのですよね。

   事実魏後期における司馬氏の台頭、後の禅譲もスムーズだったのは

   司馬昭含めた司馬氏の"徳"が民衆にまで認められたからですし」

コトタ「また出ましたね、"徳"!」   

なた「それに季漢(蜀)を滅ぼし、三国時代を実質終わらせたって功績は、

   ダーク寄りではありますが主人公属性としてはばっちりだったのでしょう」

コトタ「元姫ちゃんもヒロイン属性ばっちりですしね」

なた「司馬昭は語り出すと前後編でも足りなくなってしまうので、

   今回はここら辺で」

コトタ「ではまた次回をお楽しみに!」

コメント