July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

大規模ユーザイベント"プレイヤーズミーティング"のみいなさんを特別取材!!

コトタBlogのメインコンテンツとも

言っていい人気?企画のインタビュー記事ですが!

今回はなんと"プレイヤーズミーティング"等の

企画で活動なさっているMasamune鯖のみいなさんを取材しました!

 

みいなさんの詳しい活動については以下をご覧ください!

Twitter

MoonGravity(HP)

 

それでは早速インタビューの中身をどうぞ!!

 

なた「こんばんは!」

みいな「ヨヨヨヨヨヨよろしkぅですあ!」

なた「よろおしくるsmしdにです!」

みいな「よろしくです!」

なた「(あ、噛んだことスルーした)

   よろしくお願いします!

   さて取材場所どうしましょうかー?」

みいな「見映えのいいとこがいいですねー!

    ブレフロか、カッターか……」

なた「インスタ映えですね!」

みいな「インスタンス映え!!」

ーーーコンテンツ申請ーーー

なた「というわけでブレイフロクスに来ました!」

みいな「来ました!

    では見映えのいい場所まで突っ走りましょう!」

ーーーモンスターを蹂躙ーーー

なた「あの場所オススメです!」

みいな「じゃあそこにしましょう!」

 

 

なた「では改めまして本日は宜しくお願い致します!」

みいな「よろしくです!」

なた「ブレフロはいいですよね。癒されます」

みいな「あの滝がちょー好きなのです」

※表紙画像に使っている背景にある滝です(3ボス手前のエリア)

なた「わかります。

   ここのツタの上はその滝も見えますし、なたちゃんのオススメです」

みいな「確かにここはイイ!」

なた「朝日は見れませんが夕日が見えてくると

   滝がオレンジに染まって綺麗ですよー!」

みいな「いいですよね。

    私は星空も好きでスタートレイル動画を作りましたしww」

※動画はこちらから!とても感動的ですので是非見てください!

なた「すごい!すごいとしか言えないですね」

みいな「ありがとうございますー」

なた「では、早速質問に移っていきたいと思います!!!」

みいな「はいー!

    メッチャ噛むので記事にするときは編集しちゃってください!」

なた「了解しました!噛みも全て再現しますね!」

みいな「クッ……w」

 

"プレイヤーズミーティング"ができるまで

  「そしたら"好きにやっちゃって!"って言われてw」

なた「みいなさんと言えば大規模ユーザイベント、

   "プレイヤーズミーティング"(以下:PM)でお馴染みですね」

みいな「お陰様で」

なた「新生以前、つまり旧FF14時代は"ブロガーズミーティング"という名称だったそうですが、

   PMが開催されるまでの経緯を教えて頂けますでしょうか」

みいな「そうですねー。

    旧FF14時代の話になりますが、今のMasamune鯖の前身である

    Gyshal鯖で"Gyshal鯖Twitter &ブロガー交流会"というユーザイベントがあったのです」

なた「G…Gy…ぐい…」

みいな「ギサールですね、通称"野菜鯖"ですww」

なた「ギサール!なるほど!」

みいな「ギサールって、ブロガーさんが結構集まっている鯖でして、

    一応ブロガーの端くれとして、これは参加せねばと思ったのです」

なた「鯖ごとに特色ってありますよねえ」

みいな「うんうん。

    なので最初は私もイベントの参加者だったのです」

なた「ほーー!」

みいな「大勢のブロガーさんやTwitterをやっている人が集まって、

    自己紹介だけで3時間かかったりとかもありましたww」

なた「さ、3時間……!

   本当に大規模なユーザイベントだったんですねえ」

みいな「ですねw

    それで参加してみて、ゲーム内とは言え、

    たくさんの人と繋がれる良いイベントだな、と感動したのですよ」

なた「そういうのいいですよねー!だからユーザイベントって好きです」

みいな「そう。

    そうなんです!が……」

なた「ですが……!」

みいな「交流会の主催者さんが引退されることになりまして……」

なた「ああー」

みいな「で、こんな素敵なイベントを終わらせちゃうのは凄く勿体無いなぁ、と」

なた「確かに勿体無い!」

みいな「それで主催者さんに"このイベント私が引き取ってもいいですか?"と聞いてみたんですね」

なた「ふむふむ」

みいな「そしたら"好きにやっちゃって!"って言われてw」

なた「おお!それで誕生したのが……」

みいな「"ブロガーズミーティング"です」

なた「意志を日気づいた企画」

みいな「?」

なた「日気づいた」

みいな「?」

なた「引き継いだ企画。

   おk」

みいな「おk」

なた「意志を引き継いだ企画なんですね!」

みいな「ですね!

    で、旧FF14時代はブロガーさんやロドスト書いてた方に絞って開催してたのですが」

なた(噛んだことスルーしてくれた……優しい……!)

みいな「FF14が新生するにあたって、イベント自体も新生させよう!と」

なた「なるほど、それで名前が」

みいな「はい。

    プレイヤー同士の交流という原点に立ち返る意味でも

    "プレイヤーズミーティング"として今に至ります」

なた「そんな経緯でFF14を代表する大規模ユーザイベントが出来上がったんですね!」

みいな「そんな感じです!」

なた「では誰も噛んでない綺麗な流れで次の質問に行きましょうか」

みいな「社畜に噛みはいない!」

 

PMのテーマはどうやって決まってる?

       「割と気分で……テキトーですw」

なた「ではそんな"ブロガーズミーティング"改め"プレイヤーズミーティング"、通称PMですが」

みいな「はい」

なた「これまでSS加工、見る知る考える(プレイヤーそれぞれのエオルゼア楽しみ方)、攻略支援サイト、

   イラスト及び漫画、風景SS、コスプレ、音楽とテーマが決まってましたよね」

みいな「うんうん」

なた「それぞれテーマに沿った活動をなさっているプレイヤーさん達と、

   観覧に来てくださっているプレイヤーさん達の交流がメインのイベントだと思うのですが、

   そのテーマはどんな風に決めているのでしょうか」

みいな「なるほど!

    まず毎回テーマを定めての"特集"に関しては、

    新生後のPMになってから始めたことなのですが、

    それとは別に"アピールの部"というのがありまして」

なた「それ気になってました!」(なたちゃんはPM観覧経験無し)

みいな「誰でもいいので、何かアピールしたい方にステージ上で

    発表してもらう、というコーナーです」

なた「アピール……」

みいな「ブロガーズミーティング時代はこちらのコーナーがメインでした」

なた「アピールって難しいですよね。

   個人やFCでされるみたいなのを見た気がします」

みいな「そうそう、基本的には何でもありですw」

なた「テーマとはまた別ってことですもんね。

   そして何でもあり……例えばなたちゃんが

   "Titan鯖でFC Appleのマスターをしているなたちゃんです!

    コトタBlogってのをやっています!三国志の話しかしてません!"

   というアピールでもいいのでしょうか」

みいな「全然問題ないですよ!

    "アピールの部"に関してはホントにアピールされる方の自由です。

    何をアピールするかはその場になるまで私も知りませんw」

なた「打ち合わせやリハーサル無しなんですね、すごい」

みいな「ブロガーズミーティング時代は"アピールの部"だけだったのですが、

    長く続けていくうちに内容がマンネリ化してきたのです。

    何か新しいことがやりたいなー、と思いまして」

なた「ほほう」

みいな「旧FF14時代って今みたいに

    別鯖に新規キャラを作るのが簡単じゃなかったんですよ」

なた「そうだったんですね」

みいな「なので参加者って自鯖の人が多かったのですけど、

    アピールする人も固定化されてきちゃったのです」

なた「確かに固定化されてしまいますね」

みいな「当時参加してくださった方には本当に感謝していますが、

    新規参加がなかなか厳しい状況が続いていたので」

なた「そんなマンネリな状況でも、変わらずに何度も何度もいっぱいの人が集まるって、

   本当に素敵なイベントなんですねぇ」

みいな「うん、ホントありがたいことですねぇ。

    なのでPMに新生したのを機に何かできないかなぁと考えて"特集の部"ができました」

なた「なるほど」

みいな「で、質問にようやく答えられますが……」

なた「テーマ決定までについてですね!」

みいな「テーマをどうやって決めているかは……割と気分で……テキトーですw」

なた「テキトーーーーーーーーーー!!!!!」

みいな「そろそろ次のPMだなぁって頃にもやもや考え始めて、

    ピコーン!と来たテーマでゲストさんに声かけていく感じです」

なた「この質問の冒頭で挙げました過去7回のテーマで、

   だいたいの活動は網羅した気がするのですが、

   そろそろネタ切れの予感はしませんか?」

みいな「んー。

    まだやってみたいなぁ、と思うネタは結構ありますし、

    同じテーマでも別の方に話を聞いてみたいってのもありますから」

※無謀にも"三国志特集"があれば呼んでほしいと自薦したくだりがありますが全面カットします

なた「確かにそうですね。

   同じテーマでも別の方、それこそPMに触発されて活動始めた方もいらっしゃるかもですしね」

みいな「そうですね!」

なた「ならネタがもし尽きたとしても、同じテーマは何度でもできますし、

   FF14が終わらない限りはPMは不滅ですね!!!!」

みいな「そうありたいです!」

 

PM以外の企画での出来事

   「吉Pも"ちゃんと見てますよ!"と言ってくれて」

なた「さて続いての質問です。

   まずPMだけがみいなさんの活動ではないですよね」

みいな「バレテル」

なた「下調べ済みです!

   さすがに全部は拾えませんが、

   仮装ダンスパーティや盆踊り、撮影会や24人レイドを愛でる企画等」

みいな「うんうん」

なた「そして何よりPVPことPlayers Voice Projectですね!」

みいな「( *´∀`)」

なた「PVPを始めとした各種企画を手掛けているみいなさん。

   それぞれの企画に思い入れがあるかとは思いますが、

   企画をしている中での良い事や大変だった事とかあれば教えてください」

みいな「PVPは2周年14時間生放送に招待して頂いて本当に嬉しかったので、

    その恩返し的な感じで始めたものです」

なた「招待されるのがまずすごいですよね!」

みいな「いやホント、何故招待されたのか今だによくわかりませんけどもw」

なた「みいなさんがすごいからですよ!

   PVPの経緯についてはこちらの記事(PVPの企画説明もありますのでご覧ください)

   で拝見しましたが、本当に素晴らしい企画ですね!」

みいな「ありがとうございます!

    まあそのPVPで大変だった、というか辛かったことがありまして」

なた「辛かった……!」

みいな「PVPに参加してくださった方に"編集量が多くて大変だったでしょ!"と言われるのですけど」

なた「絶対大変でしたよね」

みいな「主にTwitterのDMでメッセージや画像を送ってもらって、

    それをPhotoshopで編集して、フォトブックを作成してって感じですが」

なた「大変じゃないですかーやだー!」

みいな「その編集量よりも、

    フォトブックという物理的な本にする関係で、ページ数が限られているので……」

なた「あっ……」

みいな「自ずと参加して頂く方も限られちゃうんですね」

なた「本当は全員の声を届けたいのにってとこがあるから、

   辛かったんですね……」

みいな「そういうことです」

なた「なるほど……」

みいな「まあでもそれはあくまで冊子化に限った話ですので、

    "声を届ける"という面はハッシュタグを大勢の方々に使って頂けたのでよかったです」

なた「ですね!ですね!」

みいな「吉Pも"ちゃんと見てますよ!"と言ってくれましたしね」

なた「吉Pのその発言はとっても嬉しいですね」

みいな「しかも上っ面だけでなく、ホントに見てますからね……」

なた「吉Pはプレイヤーと対等な目線でいようとしてるのが伝わりますよね。

   このコトタBlogもいつか吉P、

   というかコトタを作ったスタッフさんに読んでもらいたいなって思いながら書き続けています」

みいな「コミュニティチームの方々は本当手広く色々見ているようなので、

    たぶんコトタBlogも読まれてるんじゃないですかねw」

なた「"またこいつコトタと中国の歴史語り始めたぞ"ですね……」

みいな「うははw」

 

みいなさんのエオルゼアへの想いは?

  「私の人生を良い方向に変えてくれたゲーム」

なた「ではここまでで十二分にみいなさんの考えや想いは伝わっているのですが、

   あえて質問したいと思います」

みいな「はいー」

なた「みいなさんのエオルゼアに対する想いを

   一言二言三言ぐらい語って頂ければと思います!」

みいな「そうですねー。まずゲーム自体の話ですが、

    ファイナルファンとたじーとして、ストーリーもコンテンツも、

    それ以外の遊びも、本当に色々できて素晴らしい箱庭世界だと思っています!」

なた「?」

みいな「ファイナルファンとたじー?」

なた「そのまま記事にします」

みいな「イヤアアアアア!」

なた「イヤアアアアアア!」

みいな「これまで馬頭楽ほぼ噛んでなかったのに!!」

なた「?」

みいな「馬頭楽?」

なた「珍しくですね。

   そのまま記事にします!!!」

※牛頭馬頭の説明については1行でしたがカットします

みいな「オオオオ−ノオオオオオオオ!!」

なた「では続きをw」

みいな「で……ですね……。

    えっと次にゲームを通しての話ですが、

    FF14をプレイして、そしてイベントを開催するようになってから、

    本当に多くの素晴らしい方々と繋がることができて、

    そしてそして開発スタッフの方々とも交流することができて、

    なんて素晴らしいゲームなんだ……!と」

なた「うんうん、ですよね」

みいな「私の人生を良い方向に変えてくれたゲームだと思っています」

なた「ここまで人との繋がりがあれば人生に影響ありますよね!」

みいな「ですねー。

    FFは初代からずっとリアルタイムでプレイしていますが、

    FF14に出会えて本当に良かったなぁ〜、と思いますだ」

なた「同意ですだ」

みいな「以上!!!」

なた「ありがとうございますww」

みいな(誰も噛んでない!)

なた(馬頭楽)

みいな(イヤアアアアア!)

 

これからどんな活動をしたい?

「"繋がる場"を提供できるような活動を継続していけたらな」

なた「次で質問としては最後ですね。

   みいなさんのこれからの活動や目標、つまり未来について教えて頂けますか?」

みいな「そうですねぇ。

    まあこれからも、これまで通り、

    プレイヤーの輪を広げるような"繋がる場"を提供できるような活動を継続していけたらな、

    と思います」

なた「素晴らしい」

みいな「あとは用意されたコンテンツだけではない、

    色々な遊びができるんだよ!こんな遊び方している人がいるんだよ!

    ってのをもっとたくさんのヒカセン達に知ってもらえるように活動したいですね!」

なた「PMの"特集"によって、みんな新しい遊び方や楽しみ方を知れてますものね。

   さらなるテーマでさらに広がる、みんなそれぞれのエオルゼアですね!」

みいな「ですねー!

    私自身も色々発見できて楽しいんですよー!」

なた「なたちゃんも今まで色んな方にインタビューさせて頂いて、

   新しい発見がたくさんありましたし、とってもわかります」

みいな「うんうん」

なた「これからもPMや他企画を通じて、

   プレイヤーの繋がりと色々な遊び方を広げていきたいってことですね!」

みいな「んーーーーーーまーーーーーー」

なた「むーーーーーーーー」

みいな「ごめんなさい。正直カッコつけすぎましたww」

なた「えっ!?」

みいな「思ってることとしては嘘ではないですけどねw」

なた「素直な言葉が一番ですよ!」

みいな「正直そこまでマメな人間ではないので、

    これからもダラダラ、テキトーにやっていきます!!!!!!」

なた「そこも含めて記事に採用します!!!!!!!!」

みいな「イヤッフウウウウウ!!!!」

なた「全部書いた方が、みいなさんの人となりが良くわかりますしね!

   本当にありすちゃんの言ってた通り、とっても話しやすくて良い人ですね!」

みいな「ありすさん……私を持ち上げても何もでないじょ……w」

※今回の取材は先日取材したありすちゃんの紹介があって依頼させて頂きました!

 

コトタBlogの読者さんに一言!

「思いっきり楽しみましょーーーーーーーーーーーーーーー!!!!」

なた「では大方予想はついていると思うのですが、

   最後に、コトタBlogを読んでくださっている読者の皆様に何か一言頂けないでしょうか!」

みいな「はい!えーと」

なた「わくわく」

みいな「私が言うまでもなく、FF14ってゲームそのものだけでなく、

    世界を生み出すスタッフはもちろん、ポジティブに遊ぶプレイヤーさん達も本当に素晴らしくて、

    "プレイして良かった!"って思えるMMOです」

なた「同意ですだ」

みいな「この先、我々自身がずっと遊んでいく為にも、

    常に"新規プレイヤー"さん達を暖かく迎える必要があると思うのです」

なた「新規さん支援は大事ですねぇ」

みいな「我々の"楽しい!"をポジティブに発信し続けることで、

    その一助になると思いますので、

    思いっきり楽しみましょーーーーーーーーーーーーーーー!!!!」

なた「いえええええええええええええええええええええええい!!!!!!」

みいな「あとMasamune鯖にも遊びにきてねーーーー!!!!」

なた「遊びに行くぞーーーーーーーーーー!!!!!!」

みいな「いじょー!!」

なた「ありがとうございます!!」

 

今日のインタビューを振り返って「噛んでない」

なた「質問は以上ですが何か他におっしゃってくdさsてて」

みいな「……」

なた「噛んでないです」

みいな「噛んでない」

なた「えっと、みいなさんの噛みはそのまま採用したいと思っています」

みいな「まあ、そのまま使ってくれて構いませんが……」

なた「ええ」

みいな「どちらかというと"本当にそれしか噛んでなかったの?"って反応のが多い気がする……w」

なた「そんなに普段から噛んでらっしゃるんですね……」

 

てなわけで、みいなさんとこの記事そのままの感じで、

楽しく笑いながらお話ができました!

みいなさん、改めてありがとうございます!

 

インタビューの後に同じMana DCということもあってフレンドになったのですが、

フレンド枠拡張について談義したり、その他も色々と話せて楽しかったです。

 

近日中に"愛でるラバナスタ"という企画もするそうなので、

Mana DCで興味のある方は是非参加してみてはどうでしょうか!

 

コトタBlogではエオルゼアを色々な方法で盛り上げている方を応援しています!

もし身近なフレンドさんで"こんな活動してる人がいるよ!"とかがあれば是非紹介してください!

すぐさま取材に駆けつけたいと思います!

pagetop