July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ピアノ演奏家LuciAちゃんをインタビューしてみた!

さて今回もイベンターではない方の取材です!

FF14の楽曲を素敵なピアノ演奏で魅せてくれる

Bahamut鯖のLuciAちゃん(以後:るっちん)にインタビューしました!

 

先日、プレイヤーズミーティングという大規模ユーザイベントにも

出演なさった今ホットな人です!!

 

るっちんの活動については本人のツイートをご覧ください!

 

なた「以前から取材したいー!とは言ってたましたが、

   いきなりの取材依頼に応えてくれてありがとうございます!」

るっちん「こちらこそー」

なた「インタビューはかるーい感じで答えてもらえれば大丈夫です!

   というわけでよろしくお願いします!」

るっちん「よろしくお願いします!」

 

どうして演奏をしようと思ったの?

    「元々1人で弾いて1人で楽しむ趣味がありました」

なた「では早速質問していきます!」

るっちん「はーい」

なた「るっちんはFF14の楽曲を色々と演奏していますが、

   どうして演奏をしようと思ったのでしょうか?」

るっちん「どうして、というより弾きたかったので

     個人で勝手に弾いて楽しんでましたw」

なた「弾きたいって思って弾けるの凄いなぁ!」

るっちん「元々ゲームや映画の曲を1人で弾いて、1人で楽しむ趣味?が

     子供の頃からありました」

なた「そうなれば当然FF14の曲も弾きたくなる……と」

るっちん「そう」

なた「だから弾いた、ってことですね」

るっちん「うんうん」

なた「それでTwitterアカウントを作ったきっかけで、

   公開しようと思ったんですね」

るっちん「そういえば動画載せれるんだったなーぐらいのノリで、

     緩やかなスタートだったよw」

なた「結構単純な理由だった!でもるっちんらしくていいね!!」

 

演奏する楽曲はどんな風に選んでるの?「直感」

なた「さて緩やかなスタートをしたるっちんですが、

   元からそういうゲームや映画の楽曲を弾いてたってのは、

   楽譜とかを持ってらっしゃったんですか?

   それとも音感を駆使して耳コピってやつですか?」

るっちん「基本的に自分で音を取って弾いてましたけど、

     楽譜持ってるのもありますよー」

なた「さすが絶対音感……」

るっちん「うん。

     でも音感はあってもなくても、楽器は弾けるよ」

なた「なたちゃんも音感ないけどピアノできてたしね!!」

るっちん「うんうん」

なた「例えば楽曲を公開するにあたって、

   当然リクエストとかもあると思うのですが、

   それとは別に自分で演奏したい楽曲も選ぶでしょう」

るっちん「そうですね」

なた「その選ぶ基準というか、どんな風に選んでるんですか?」

るっちん「直感」

なた「原初の直感」

るっちん「そうw

     聴いた瞬間に"あ、これ弾こう〜"って自然に思う」

なた「勢い大事!ってタイプだ!」

るっちん「そうだね!」

なた「じゃあその"あ、これ弾こう〜"って思ったら最初にすることは何ですか?」

るっちん「そのままピアノに向かってるw

     記憶の音を頼りにとりあえず弾いて、

     その後曲を聴き直します」

なた「楽譜に起こしたりは?」

るっちん「しない」

なた「ほええ、凄い……」

るっちん「楽譜起こす時間より、弾きながらアレンジしてれば完成するから、

     そっちのが早いんです」

なた「本当の演奏家だあ!」

るっちん「ただ友人とデュオしたときは、

     流石に譜面がないと不親切だと思ったので書きました」

なた「なるほど!」

るっちん「なので今後他の演奏家の方と演奏することがあれば、

     譜面は必要になってくるかもね!」

なた「なたちゃんもピアノまた弾けたらなぁ……。

   指が全く動かないんです」

るっちん「リハビリしたら動くようになるよ!

     昔やってた人なら、どう動かすかは覚えているはずだからね」

なた「家電量販店に置いてるピアノで頑張ってみる!」

るっちん「www

     実は私もブランクがある人だからね」

なた「それであんなに演奏できるのが凄すぎる」

るっちん「でもその代わり、知識量は増えたから、

     より音楽を楽しめるようになった!」

なた「そこは人生の厚みでもありますね!」

るっちん「そうだといいなぁ」

 

演奏以外のエオルゼアはどう楽しんでますか?

        「トークンに縛られないヒカセン代表」

なた「演奏もそうだけど、

   るっちんはエオルゼアをどんな風に楽しんでますか?」

るっちん「スローライフ!!!」

なた「スローライフ!!!」

るっちん「トークンに縛られないヒカセン代表だよw」

なた「FF14だけでなくネットゲームって時間的制約から、

   みんな何かに追われるようにせかせかする人も多いものね。

   トークンに縛られないってのはとっても素敵!」

るっちん「最低限みんなと遊べる装備を整えたら満足しちゃう。

     私が行く場所って限られてるから」

なた「なたちゃんは効率重視でコトタBlog含めて色々手を出してしまう。

   どっちが上ってことはないだろうけど、るっちんみたいな楽しみ方、

   羨ましいなって本当に思います。」

るっちん「ゲームの中ぐらいゆっくり過ごしたいって願望が顕著に出てるんだと思うw」

なた「ツイートとか見てても"楽しい"ってのがすごい伝わってくるしね。

   色々お友達とのSSが多かったり見ててこっちも楽しいです」

るっちん「ありがとう。

     Twitter始めたきっかけがロドストにSSを載せきれなくなったの」

なた「えっ!?」

るっちん「データ上限が来ちゃって」

なた「そんなのあるの!?!?」

※なたちゃんはロドストを普段使わないので全く知りませんでした

るっちん「うんうん。

     それでSS日記帳としてロドストを使っていたから、

     どうするかな〜?Twitterでいいか〜!

     くらいのノリで、これまた緩やかにアカウントを作ったんだよw」

なた「全部が緩やかスローライフですね!」

るっちん「だから基本スタンスがSS日記帳なんです」

なた「ふむふむ。

   ログインしてコンテンツは余り行かない感じですか?」

るっちん「ルレは割と回してるかも?

     エキルレ代わりにスカラ行こう!とか」

なた「スカラは何で?」

るっちん「装備が欲しい!ミラプリが好きだから」

なた「目的がトークンじゃないから焦りもなく楽しめるってことですね」

るっちん「スカラ装備欲しいの多くてwかわいいし!

     あとアラルレも好き!」

なた「それはやっぱり……」

るっちん「24人レイドの装備も欲しい!

     それにレベリングにも最適だし、フレ同士ワイワイ行けるのが楽しい!」

なた「楽しんでるなぁー」

るっちん「そうだね。

     だから結果としてトークンが貯まる週もあれば、全然足りない週もあるんだけどねw

     エンドには行ってないからあんまり困ってないかも」

なた「まさにスローライフだね」

るっちん「一番スローライフらしいのはユーザイベントのカフェやBARに行ってる時かな」

なた「そういえばこの前のエレゼンBARにもいたね!」

るっちん「うんうん。

     私の所属しているFCも毎日営業しているよ!」

なた「ほー!」

るっちん「#ラウンジICEBOXっていうお店!」

なた「また調べてみます!

   それではるっちんがエオルゼアで一番大切にしているものは?」

るっちん「フレンド」

なた「思ってた通りの答え!」

るっちん「仲良くしてくれる人がいなかったら、あっさりやめてたと思う」

なた「るっちんの大切なフレンドがいてくれたおかげで、

   今こうやってなたちゃんはるっちんとお話できてるんだなぁ」

るっちん「なたちゃんもお友達だよ」

なた「やったー!」

 

音楽を通じてエオルゼアのみんなに伝えたいこと

         「楽しいってことが伝われば十分」

なた「ではるっちんのスローライフについても聞けたことですし、

   本題を!難しい質問かもですが……」

るっちん「はいw」

なた「音楽を通じてエオルゼアのみんなに伝えたいことってありますか?」

るっちん「楽しいってことが伝われば十分。

     感想だったりその先は、私があれこれ言うことではないと思う。

     演奏を出したら、その後は受け手が自由に感じてもらえばいいかな」

なた「以前から言ってますがるっちんの演奏大好きです」

るっちん「ありがとう!」

なた「ピアノは、というか楽器は演奏する人によって同じ曲でも全然違うから。

   表現しようとする人の気持ちが乗っかるから、

   るっちんの演奏からはそれがとっても伝わってきます」

るっちん「なたちゃんにはそう感じてもらえてるんだね!

     私は演奏するのが好きだから、楽しいから、弾いてるよ!」

なた「うんうん。

   自分ができない分、るっちんの演奏を見てなたちゃんも音楽を楽しめてます」

るっちん「一緒に楽しんでもらえてるなら嬉しいな!」

なた「大きいホールで演奏するるっちんがいつか見たいです」

るっちん「正直演奏は直接聴いて欲しいかな。

     録音へたっぴだからさw」

なた「大阪城ホールでお待ちしております!!!」

るっちん「まさかのいきなり遠征やんけwwww」

なた「www」

 

これからの抱負や目標があれば!

「ちゃんと録音したい」「現実でもスローライフを」

なた「これからのるっちんの活動で抱負とか目標とかありますか?」

るっちん「演奏については……

     どこかのタイミングでちゃんと録音したいかな」

なた「ちゃんと?スタジオとか?」

るっちん「スタジオでもホールでもいいんだけど、

     そこは録音の偉い人と相談して決めるかな。

     まあFF14の楽曲を録りたいって言ったらびっくりされそうだけどw」

なた「祖堅さんとるっちんのセッションとかあればいいのになぁ……」

るっちん「どのタイミングであるんだろう?w」

なた「うーん?今年の14時間放送とか!」

るっちん「14時間放送は草」

なた「期待してるね!」

るっちん「実現したら嬉しいね!」

なた「うんうん。他には何かありますか?」

るっちん「他かぁ……。

     そうだ!

     今年こと現実でもスローライフを実装したいです!!!」

なた「切実だねww」

 

コトタBlogの読者さんに何か一言!

    「楽器演奏の追加要素楽しみですね!」

なた「では最後にコトタBlogの読者さんに何か一言頂けますか!?」

るっちん「うーん、何がいいかなぁ?」

なた「何でも大丈夫ですよ!」

るっちん「なら、やっぱり演奏について」

なた「うんうん」

るっちん「詩人の楽器演奏の追加要素が楽しみですね!

     1人でも、フレンド同士でも気軽にゲーム内で音楽できるのって、

     楽しいなと思います」

なた「楽器演奏楽しいもんね!」

るっちん「うん!

     だからまだ楽器演奏に触れてない方は、この機会に遊んでみてほしいな!」

なた「せっかくだしやってみようかなー!ってなる人がいるといいね」

るっちん「ついでに私の演奏を聴いてくれたら嬉しいです!!」

なた「是非みんなに聴いて欲しいなってなたちゃんも思ってます。

   とっても素敵で、楽器やりたああああああいってなるのでオススメ!」

るっちん「ありがとうー!嬉しい!」

 

なた「さてこんなところでインタビューは以上となります。

   改めまして忙しいところ来てくれてありがとうございます!」

るっちん「いえいえ楽しかったです!」

なた「また機会があれば遊びましょうー!」

るっちん「はーい!」

 

って感じでした!

 

真夜中にも関わらずTitanに来てもらって、

インタビューできて本当に感謝です!

 

現在Bahamut鯖は鎖国中ということもあり、

記事の表紙に使っている画像はTitan用のキャラなのですが、

普段のるっちんの画像を頂きました!

 

ミラプリが好きってこともあってアクセサリーも含めてこだわってますよね!

春らしいるっちんでした!

 

やっぱり前角アウラいいなああああああ。

ほらコトタさんも前角アウラだから最高に可愛いじゃないですかー!

って脱線しそうになったので、この辺で締めます!

 

エオルゼアを楽しんでる人、盛り上げる為に頑張ってる人、

誰でも取材しに行きたいと思います!!!

こちらから依頼するだけでなく「私を取材して!」ってのがあれば是非連絡ください!

pagetop