July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

コトタさんの教えて!封神演義 第3回

今回は前回に続いて五帝についてです。

中国史上でも聖君として名高い2人が登場します!

 

※コトタさんは声を出しませんので筆談形式と思ってください。

 

コトタ「前回は黄帝から3人の五帝でしたね」

なた「ですね。今回は残り2人です。

   早速前回最後に登場した堯から見ていきましょう」

 

五帝・堯

なた「さて放勲改め堯についてですが」

コトタ「彼は一体何をしたのですか?」

なた「1年を366日と設定し、3年に一度の閏年というものを作ってます」

コトタ「やっぱりチーターなんですね」

なた「何より鼓腹撃壌のエピソードが有名ですね」

コトタ「例の如くググってくださいですね」

なた「ええ。

   あと共工に治水工事を任せたりしてます」

コトタ「共工さん、またですか」

なた「ちなみに堯が臣下に"後継ぎ誰にしよう"と聞いた時に、

   共工がいいという意見が出た記録もあるんです。

   共工という人名だったり、共工氏という一族や国だったりとよくわかりません。

   恐らくこの時の共工は、治水を任された共工だと思います」

コトタ「ますますよくわかりませんね……」

なた「また別の臣下は丹朱(堯の子)を推しました。

   しかし"あいつはあかん"と却下したのです」

なた「そして数年後か数十年後、

   堯はまたまた洪水に悩まされて、今度は治水を誰に任せようかと臣下に尋ねます。

   すると皆、鯀(顓頊の子か子孫とされる)という人物を推挙したのです。

   しかし堯は"鯀かー!あいつはダメだと思うんだよなー!"と却下しようとしますが、

   "鯀ぐらいしかできる人いないっす!"と後押しされたので鯀に任せることになったのです」

コトタ「鯀さんは堯さんの予想を覆し治水に成功!そして最後の五帝に……」

なた「なってないです」

コトタ「違うんですね……」

なた「むしろ9年かかっても治水に成功せず罷免され、処刑されていますし、

   共工同様に四罪の1人となってます」

コトタ「えっ!?」

なた「そして鯀が治水に失敗した後に、後任として堯が人を求めました。

   そこで臣下が推したのが重華という人物でした」

コトタ「なんかカッコいい名前ですね」

なた「重華は見事に治水工事を成功させ、政治に参加すれば政治家達に秩序が生まれ、

   都を囲む門を管理させれば外から来る諸侯達は彼の徳を慕ったのです。

   重華の家族は人として最低でしたが、影響されることなくしっかりと父母に孝行しました。

   また鯀の息子である禹を登用し、治水を任せたりもしました」

コトタ「なるほど。重華が五帝最後の1人ですね!」

なた「はい。重華こそが堯と並ぶ聖君、舜です。

   堯は彼の人となりや働きをみて舜に帝位を譲ることを決めたのです」

 

五帝・舜

なた「堯が存命中に既に舜は後継者として天下を治めていました」

コトタ「舜がどんな人かは既に堯のとこで書いた通りって感じですね」

なた「ですね。もっといっぱい色んなことしてますが省略します。

   さて、また洪水が起こったので、禹も父親(鯀)の失敗を繰り返さない為に必死に頑張ったのです。

   その際、共工氏の子孫が禹を援けたという話もあります」

コトタ「禹というのも凄い人なんですね」

なた「ええ。禹の話はとりあえず今回はここまでにしておきます。

   さて堯が亡くなりました」

コトタ「毎度突然ですね……」

なた「堯が亡くなると3年の間全ての人が喪に服しました。

   皆が悲しみにくれたのです。

   そして舜は3年の喪が明けると、堯の子である丹朱に帝位を返し隠居したのです」

コトタ「責任放棄ですか!?」

なた「しかし諸侯も臣下も丹朱の元には行かず、舜の元へ行ったのです。

   丹朱自身も舜に帝位を与えようとし、舜はそれでも丹朱を立てようとします。

   丹朱がそれを拒否し続け、民衆も舜を求めた為、舜は"天命である"と正式に帝位についたのでした」

コトタ「摯と放勲(堯)の話に少し似てますね」

なた「あちらは兄弟同士でしたが、こちらは他人ですからね。

   まあ舜も顓頊の子孫なので、黄帝を頂点とすれば丹朱と舜は子孫で親戚ではあるのですがね。

   ただ臣下となった家系なので親戚ではなく他人として問題ないです」

コトタ「聖君……ですね」

なた「舜は丹朱を臣下とせず、自分と同じ待遇で過ごすことを許しました。

   22人の臣下に諸事を任命し、皆功績を上げて天下はさらに平和となりました」

コトタ「徳ってのが何となくわかりました」

なた「舜の治世はまだ続きますが、次回の話に関わりますので、今回はここで終わります」

コトタ「はい!

    それでは次回の教えて!封神演義をお楽しみに!!」

pagetop