July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

【素敵な兄弟のお店】Patisserie le Peche を突撃取材!!

久しぶりの取材記事です!

 

今回は以前うきうきララカフェ★ハロウィンパーティの記事でご協力頂いた御二人、

Rick Turquoise さん(以下:りっくさん、お兄さん)と

Skadus Turquoise さん(以下:スカーさん、弟さん)

の御兄弟が運営なさっているPatisserie le Peche(パティスリー ル ペシェ)を取材しました!

 

取材では助手として、このBlogではお馴染みのるーちゃんにも協力頂きました。

 

それでは御二人のお話を是非ご覧くださいませ!

 

なた「それでは御二人とも宜しくお願い致します!」

るー「お、お願いします!」

スカーさん「宜しくお願いします

      ほら、りっくんお客様の前なんだからしゃんとして」

りっくさん「おねがいします!」

 

お店の名前の意味は?「僕たち漁師なんです」

なた「素敵なお店ですね。えっとお店の名前は……」

るー「ぱてぃ…ぱ…れ…ぴちぇ」

スカーさん「パティスリー ル ペシェと読みます」

なた「ほほう!ペシェ…桃ですね!」

りっくさん「と思うでしょう?」

なた「えっ」

りっくさん「違うんです」

スカーさん「pecheと同じ綴りなのですが、漁師(Pêcheur)の略称なんです」

なた「漁師の?」

りっくさん「僕たち漁師なんです」

なた「漁師のぱてぃすりー…!

   なるほど。漁師さんがケーキ屋さんをやってるというのは新鮮ですね!

   漁師だけに新鮮!!!」

るー「……」

 

しっかりものの弟さん?

     「庭でパイナップルを作りすぎてしまったのも僕ですし」

なた「それでは色々お話をお伺いしていきますね!」

スカーさん「ええ。それではお席にどうぞ」

りっくさん「ディナー当日までお店自体は秘密にしておきたいので、

      本日は御二人に特別で僕らが普段食事している席にご案内しますね」

なた「特別!いいんですかー!」

るー「わーい」

 

 

 

スカーさん「お待たせしました。是非お召し上がりください」

なた「こ、これは噂の看板メニュー、パイナップルケーキですね!!」

スカーさん「はい、庭で採れたパイナップルを使っております」

なた「ふむふむ。

   えーっと……失礼ですが弟さんはどちらでしたっけ?」

スカーさん「僕が弟です」

なた「なるほど。弟さんがしっかりものって感じですね!」

りっくさん「ぐぬ……」

スカーさん「そうでもないですよ、庭でパイナップルを作りすぎてしまったのも僕ですし」

るー「ちょっと抜けてる弟さん!」

スカーさん「ぐぬ……」

 

お店を始めるまでの経緯は?「何か生業を見つけなければと」

なた「では本題に。御兄弟はどういうきっかけでお店を始めらたのですか?」

スカーさん「元々僕らは実の兄弟ではないのです」

なた「そうなんですか!?」

スカーさん「兄はグリダニア出身で、僕はイシュガルド出身です」

なた「ほうほう」

スカーさん「兄は冒険者なのですが、色々ありまして、その色々にうっかり巻き込まれてしまいまして……」

りっくさん「僕は何もしていないんだよ!?」

スカーさん「何もしてなかったらあんなに逃亡する必要があるわけないじゃないか」

なた「御兄弟の出会いは本当に色々あったのですねww」

りっくさん「それで一緒に旅してきて、ね」

スカーさん「そうだね、ひと段落したし…」

なた「旅がひと段落ということですね」

スカーさん「はい。そして落ち着いて居を構えるにあたって、何か生業を見つけなければと」

なた「それでこの新鮮なケーキ屋さん…えっとカフェを始めたんですね」

りっくさん「幸いふたりとも料理は得意だったからね」

るー「料理得意うらやましい……」

なた「なるほど。ありがとうございます」

 

弟は庭いじりが好き!兄の想いは?

      「全部任せてたらこんなことになりました」

なた「では先程少し触れましたこのパイナップルケーキについてですが」

スカーさん「はい」

なた「料理が得意で、ふたりとも漁師だった

   なのでケーキを作った……?」

スカーさん「ケーキはその…」

りっくさん「……」

スカーさん「その…あれは…」

なた「さっきパイナップルを作りすぎたとおっしゃってたのはまさか……」

りっくさん「……」

スカーさん「ええ…二人では消化しきれなくなって、

      せっかくなので店の看板メニューにしようと思い立ったのです」

なた「やっぱり…」

スカーさん「ランチの時には毎回お土産用を含めてお配りしております」

なた「ほー!太っ腹ですね!!!

   ちなみにパイナップルはどれくらい作ったんですか?」

りっくさん「消費しては増え…」

スカーさん「ぐ…」

りっくさん「消費しては増え…」

スカーさん「ケーキ自体は合計で2000ほど…その他にも搾ってジュースにした分も…」

なた「ものすごい数ですね……」

スカーさん「種も残ってましたし、もったいないでしょう?残しておくと……」

なた「パイナップル作りが楽しくなってる!?」

スカーさん「庭いじりが好きなんです」

なた「ふむ。

   お兄さんは弟さんの庭いじりについてどういうお気持ちでいらっしゃいますか?」

りっくさん「全部任せてたらこんなことになりました

なた&るー「www」

りっくさん「パイナップルはきらいじゃないけど、さすがに作りすぎたね?」

スカーさん「反省してます……」

るー「弟さん、やっぱり抜けてるんですね!」

スカーさん「抜け…抜けて…」

 

ラノシア素材をふんだんに使ったパイナップルケーキ!

              「現地から輸入しております」

なた「パイナップルケーキの材料ですが、

   パイナップルは元はラノシア産ですよね。

   他のワイルドミルクとアプカルの卵は……」

スカーさん「それらもラノシアの名産品です」

なた「ですよね」

スカーさん「ただラノシアまで足を運ぶのは骨が折れますからね。

      店先におります従業員に頼んで、現地から輸入しております」

なた「産地直送!!!」

るー「天然由来!!!」

なた「無添加!!!」

りっくさん「無農薬!!!」

スカーさん「えっと…ラノシア素材を使った料理を黒衣森で召し上がって頂けるのです」

なた「良いこだわりですねぇ」

 

姓に込められた想い 「この名が彼を守るようにと」

なた「御二人のこだわり、非常に感銘を受けました。

   すごい話変わりますが、御二人の姓であるターコイズはどちらかが元で?」

スカーさん「ああ、これは僕の郷里では"テュルコワーズ"と発音します」

なた「てゅhhてゅrテュルコワーズ」

るー「噛みすぎ」

りっくさん「元々のどっちの姓でもないんですよ」

スカーさん「兄弟を名乗るに当たって決めたんです」

なた「何か意味合いがあるのでしょうか?」

スカーさん「内緒にしてたんだけど…」

なた「あ、内緒なら結構ですよ!」

スカーさん「かの石は、旅人の守り石と聞きました」

なた「ほう?」

スカーさん「りっくんが、これからも無事旅が出来るように」

なた「お兄さんの為に…」

スカーさん「例えどちらかが先に没しても、この名が彼を守るようにと」

るー「良い話だ……」

 

お店をやってて嬉しいことは?

     「お客様の笑顔」「"また来ます"という言葉」

なた「お店をされてて嬉しいこととかってありますか?」

スカーさん「月並みですが…僕はやっぱり、お客様の笑顔かなぁ

      あと"美味しい"と仰って頂けるのが本当に嬉しいです」

なた「いいですね。お兄さんは?」

りっくさん「そうだなあ

      "また来ます"とか"次も楽しみにしてます"とか言われたら嬉しいなぁ」

なた「わかります。

   私も記事を読んだ方に"次も楽しみ"と言われることがありますが本当に嬉しいです」

りっくさん「実際営業のたびに何度も足を運んでくださる方もいて、ありがたいですね」

なた「お客様も御二人の"嬉しい"が見たくて来てくださってるのかもですね!」

 

最後にお客様に何か一言!

    「腕をふるって参ります」

       「みんなに会えるの楽しみにしてるね」

なた「それでは最後にお客様に何か一言あればお願い致します」

スカーさん「えーっと…今回のディナーもそうですが、

      これからも一人でも多くのお客様に当店のスイーツが届くよう腕をふるって参ります」

なた「おいしいスイーツ味わってもらいたいですね!」

スカーさん「ええ。ランチではテイクアウトのみでお帰り頂くことも出来ますので、

      是非一度足をお運びいただけましたら幸いです」

なた「ありがとうございます。ではお兄さんどうぞ!」

りっくさん「そうだなあ」

るー「わくわく」

りっくさん「みんなに会えるの楽しみにしてるね」(ウィンク)

なた「ナイスウィンク!!」

スカーさん「もうちょっとまともなこと言おうよ」

りっくさん「まともなことはスカーが言ってくれるからいいの」

スカーさん「いつもそうやって僕に任せて…少しは店主としての自覚を……

      大体いつも開店時間ぎりぎりに出てきて、お客様の前であくびするのはやめてって言ってるのに」

りっくさん「お、お小言はあとで聞くから、ね?」

スカーさん「おっと、失礼しました」

なた「本当に御二人は仲良しですねww微笑ましいです」

 

なた「では本日はたくさんお時間を頂きましてありがとうございます!」

御二人「こちらこそありがとうございます」

なた「それでは失礼しますね!」

スカーさん「お気をつけてお帰りください」

 

と、こんな感じで取材致しました!

御二人の楽しいお話はお店でも見られるみたいですし、

是非興味を持たれた方は御二人の動向をチェックしてくださいね!!

 

なんと12月9日には通常のランチ営業とは趣を変えて、

初のディナーイベントが開催されるそうです。

詳細はこちらをご確認ください!

ランチ営業はロドストによると気まぐれ営業で不定期みたいですが、

そちらも是非日程を調べて足を運んでみてくださいね!!

 

 

 

 

 

ーーー取材後

なた「るー、そっちは大丈夫か?」

るー「OK!」

なた「音を立てるな…

   よし、開いたぞ」

るー「さすが」

なた「ステンバーイ…ステンバーイ…」

るー「…」

なた「Go!!!!」

 

兄のりっくさん。笑顔がかわいらしいです。

 

しっかりものだけどちょっと抜けてる弟のスカーさん。お小言を言ってるのかな?

 

仲良さそうに食事を楽しんでいる様子。

 

なた「ばれなかったようだな…」

るー「御二人の貴重なオフショットをばっちり撮れたね!」

なた「ふぅ…これだから記者はやめられねぇぜ!!」

るー「記事にしたらばれるんじゃ」

なた「静かに」

るー「はい……」

 

さて今回の取材は本当にここでおしまい!

 

コトタBlogは取材の依頼はいつでも受け付けております!

イベントをしている方、楽器演奏に全力の方、FCやLSの活動を紹介したい方、

特別なことは何もしてないけどエオルゼアを楽しんでいる方、

どんな方でも大歓迎です!!!是非お待ちしております!!!!

pagetop